タグ:ディオニュソスの労働 ( 5 ) タグの人気記事

崎山政毅・酒井隆史『反グローバリズムと労働―資本の支配を生き抜くために―』

 今日ジュンク堂新宿店さんで開催されたトークセッション、「反グローバリズムと労働―資本の支配を生き抜くために―」に行ってきた。何度かここでも記したことのある、『ディオニュソスの労働』の出版記念なのだそうだ。

 冒頭、崎山さんが『ディオニュソスの労働』を持っている人は? と問うた折に手を挙げた人はどれくらいいたろうか。思いのほか少なかった印象があってびっくりした。

 この本が書かれた背景だとか、当時の時代状況、また、どういう読み方をすべきなのか、など、大変面白いお話を伺うことが出来た。お話を聞きながらパラパラとめくり返してみるとまた新たな発見がある。「労働」と「法」が大事なんだ、と繰り返し強調されていた。

 一番興味深かったのは、崎山さんが原広司さんの『集落の教え100』を引きながら、ネグリを読む際の注意とでもいうようなものを挙げられていたこと。具体的には次の二つである。

[11]大きな構想
 大きな仕掛けは、大きな構想を支える。
 大きな仕掛けは、小さな部分によって支えられる。
 大きな構想が、そのまま現実されれば、退屈な集落となる。(P.29)

 ネグリの話だけだととてつもなく大きく、それだけで終わってしまう。そこに「小さな部分」を補って読んでいくのが大事なんだ、と。
[16]共有するもの
 人間が意識の諸部分を共有するように、諸部分がそれより小さな諸部分を共有するようにして、集落や建築をつくれ。
 この方法が幻想的な世界の基礎である。
 みんなでつくらねばならない。みんなでつくってはならない。(P.38)

 みんなが同じことをやる必要はない。違っているからこそ共鳴が生まれるんだ、と。

 自分でただ『ディオニュソスの労働』と格闘しているだけでは絶対に原広司さんにはたどり着かなかっただろう。早速買ってしまった。また新しい世界を知ることが出来そうで楽しみだ。

 こうした思いを、日常的に自分の棚でお客さまに感じてもらえればよいのだが……。まだまだ工夫を凝らさねば。



 
 
[PR]

by todoroki-tetsu | 2008-07-28 23:41 | 業界 | Comments(0)

『ディオニュソスの労働』読了

  以前『ディオニュソスの労働』について記したのはいつだったか、と振り返って吃驚した。ようやく本日読了。約一ヶ月かかってしまった。

 これだけの大物は久々であった。

 第二章についてはすでに触れたが、後半で特に面白かったのは第五章「国家と公共支出」と第六章「ポストモダン法と市民社会の消滅」である。マーフィーとネーゲルの『税と正義』などを想起しながら読み進めた。

 「一個の工場として社会を認識すること、ボスとして国家を認識すること、正統化としての生産性の物神を破壊すること、そして正統化をプロレタリアートの包括的欲求へと戻すことは、いずれにしても、支配を転覆するための今日的任務なのである。この任務が十分に果たされると、そのときには賃金の相対性が破壊され、分断の論理と分断を通じた支配が力ずくで打ち破られるために、おとぎ話にある裸のばかな皇帝のように、皇帝の正体をあばくことが可能なのだ」(第五章、P.246)

 よく分からないが、なんだか檄文のようで好きだ。国家・労働・市民社会・賃金・プロレタリアート……うーん、難しい。

 第六章では、『正義論』がいかに時代に適合的なものであったか、を丹念に跡付けていて面白い。その締めくくりにはこうある。

 「私たちは社会主義的改良主義の不可能性を主張し、資本主義国家の権力と自律性の高まりを警告し、管理というパラダイムが徐々に台頭している状況を追跡してきた。だからといって、決して絶望を表明しているつもりはない。幾人かのすぐれた現代の理論家についての解釈をとおして試みたかったのは、現代における国家‐形態の形象に明確な輪郭を与えることである。これは方程式の一つの側〔連立方程式の一つの式〕にすぎない。マルクスとエンゲルスはいう。『ブルジョワ的生産ならびに交通関係、ブルジョワ的所有関係、すなわちこれほど強大な生産手段や交通手段を魔法のごとく呼びだした近代ブルジョワ社会は、自分が呼びだした地下の魔力を使いこなせなくなってしまった魔法使いに似ている』。私たちは魔法使いの呪文を考察してきたわけだ。次に地下世界へと足を踏み入れねばならない。そしてその深みから解き放たれた諸力の、主体的かつ生産的相貌を把握せねばならない」(P.332-333)

 引用されているのは「共産党宣言」。マルクスにせよエンゲルスにせよ、ネグリにせよ、原典は一切読んだことがないので何ともいえないが、言い回しが上手いな、と思う。

 こうした言い回しに惚れるのも好きなのだが、その言わんとすることをじっくり考えようとすると、難しい。

 とにかく噛み応えのある大著、ロングセラーにしていきたい。 
[PR]

by todoroki-tetsu | 2008-06-04 23:36 | 業界 | Comments(0)

存在感抜群の『軋む社会』

 書き込みが遅くなってしまったが、一昨日に本田由紀さんの『軋む社会』は無事入荷した。

 双風舎さんのブログでも以前記しておられたけれども、表紙がすごく、いい。よくこの写真をセレクトしたな、と編集者のセンスに脱帽。棚で面にすると映える映える。

 まだ読み始めたばっかりだが、期待にたがわず、面白い。

 以前に『思想地図』に寄せられた芹沢一也さんの論文について記した折にも「社会統合」について少しだけ触れたけれども、本田さんが

 「高度経済成長期から一九九〇年代初頭にいたるまで、この三領域(家族―教育―仕事のこと。等々力注)のあいだには、たがいに資源を投入し合う(一見)スムーズな循環関係が成立していました」(P.4)

 と述べておられるのを見て、渡辺治さんや後藤道夫さんが強調されていたいわゆる「社会統合」「企業社会」といった言葉をまた連想した。

 多分ニュアンスはそれぞれに違うのだろうと思うし、それはひょっとすると決定的な違いも含んでいるのかもしれない。
 
 『軋む社会』から、どんな「ライン」が引けるのか、読み進めながら考えていきたい……こうしてまた『ディオニュソスの労働』が遠ざかっていく……。
[PR]

by todoroki-tetsu | 2008-05-28 23:26 | 業界 | Comments(0)

『ディオニュソスの労働』を読み進める

 この数日、『ディオニュソスの労働』にかかりきりであるが、まだ第三章までしかすすんでいない。通勤時間以外は就寝前にしか時間が取れぬのだが(一度店に出ると休憩はなかなか十分に取れない)、おかげで最近寝つきがよくなってしまった……。

 第二章「ケインズと国家の資本主義理論」は大変興味をそそられた。細かいところは皆目分からん。が、いわゆる「ケインズ革命」をこうした観点から見直したのは、知っている人は知っているのだろうけれども、新鮮に感じた。伊東光晴さんの『ケインズ』『現代に生きるケインズ』を読み返してみたくなる。

 しかし、こうしたものを読むたびに、経済学を勉強せねばと思う。思うのだが、これがなかなか進まない。これではいかんと売場を物色。新刊の『資本と剰余価値の理論』なんて無茶苦茶に面白そう! でもまあ身の丈にあったところでまずは『アメリカの高校生が学ぶ経済学』『アメリカの高校生が読んでいる経済の教科書』(新刊の後者に引きずられる格好で既刊の前者も最近好調。本屋としてはうれしいパターン)くらいからはじめてみようか。

 ……ん、ネグリ&ハートからの結論がアメリカの経済学? 
[PR]

by todoroki-tetsu | 2008-05-07 18:35 | 業界 | Comments(0)

木下ちがや「IWW・『〈帝国〉』・アメリカニズム」(「現代思想」5月号)

「現代思想」は気になるときにしか読まない。今回のネグリ特集は少し迷ったが、結局購入。

 全部が全部読めているわけではもちろんないが、木下ちがやさんの「IWW・『〈帝国〉』・アメリカニズム」を興味深く読む。

 恐ろしく濃縮されていることもあり、十分理解できているわけではないれども、、

 「IWWの任務は、産業行動をする以前に、公共空間の自由を確保することにおかれるようになった」(p.138)

 という指摘や、

 「(「フリーライダー」運動や「シット・イン」運動は)いずれも階級問題であり、人種問題であるにもかかわらず、表現と移動の『市民的自由』というコンセプトを媒介に力動性を獲得していくという空間編成のプロセスが繰り返し再現されていくのである」(P.140)

 といったIWWの遺した規範が後々に与えた影響のことなどは、単に知らないことを知ることが出来た、という以上の面白さを感じた。

 先に湯浅誠さんの『反貧困』に触れた折には主に第三章を対象としたが、続く第四章にはこんな箇所がある。

 「『市民(citizen)』という言葉もすっかり人気がなくなった。市民という言葉には、国の動向とは別に、社会の一員としての立場から社会的に必要と感じられることを自主的に行う人々、という意味合いが込められていたように思う。それは、『国民』とも『会社員』とも『労働組合員』とも、『家族の一員』とも『地域の一員』とも違う、『社会』に対して責任を持とうとする存在のはずだった」(『反貧困』p.110) 

 IWWに関する記述をそのまま「市民」や「社会」といった術語に結び付けてよいのか、僕には分からない。が、きっと無関係ではない、と思う。

 こうしたことを考えながら、『ディオニュソスの労働』を読み進めているところである。
 
[PR]

by todoroki-tetsu | 2008-05-02 02:40 | 業界 | Comments(0)