人気ブログランキング |

2008年 07月 21日 ( 1 )

吉本隆明の講演「太宰治」を聞く

 『吉本隆明の声と言葉。』には購入者特典がある。2本の講演を無料でダウンロード出来るのだ。いやあ、太っ腹である。

 というわけで、その一本「太宰治」を聞いてみた。197分(!)もあるんだが、10分前後くらいでファイルが分割されていて、聞きやすい。少しずつ休みながら聞いてみた。

 太宰治を読みたくなってしまった。詳細は実際に聞いてみて欲しいと思うので書かないけれども、「ははあ、そういうところが読みどころなんだな」と思えてすごい。

 文学音痴のせいもあるだろうけれども、いわゆる文芸評論というか文芸批評といったものがよく分からないでいる。が、吉本さんの話を聞いているとぜひ読みたくなってくるのが不思議。

 そうした話の中で、ドキッとさせられた箇所がある。

 
戦争の怖さというものは、マイナスの面をすべて否定することによって、人間の洞察力を健康的で浅く、均一化してしまうこと。不健康なものが許されなくなるのが戦争の怖さ。健康なことばかりがいわれる社会は危険な社会だと考えたほうがよろしい。


 かいつまんで書くとこういうことなんだが、多分実際の声で聞く感じの半分くらいしか伝えられていないと思う。その内容もすごいが、これが吉本さん独特の節回しで語られるのを聞くと、「あ、なるほど!」とポンと思わず手を打ってしまうのである。

 『吉本隆明 五十度の講演』、高価だが、結構売れそうな気がしてきた。


  
 

by todoroki-tetsu | 2008-07-21 23:05 | Comments(0)