タグ:雨宮処凛 ( 6 ) タグの人気記事

イベント:「2012年脱原発デモ その後の展開」

 イベントとしての『脱原発とデモ―そして、民主主義』といおうか。昨日高円寺で行われた、鎌田慧さん・松本哉さん・雨宮処凛さんのお話について。「読書人」ならびに筑摩書房さんのサイトでものちのち紹介されるそうだ。


 先ほどまじまじと、執筆者名がデザインされた本の表紙を見ていて気づいたのだが、「原発いらない福島の女たち」をのぞき、年長者から順に配置されているようだ。三人のお話の中でも鎌田さんがしばしば「若い人たち」と言われ、松本さんに話を振っておられたのがよく判る。ここが、もんだいだ。


 こういう場に出てくる年長者というのはわりあいにいけすかないタイプの人が多いものだが、鎌田さんは違う。今までに何度かお話を聞いていてその安心感はあった。「旧い運動がもたもたしている間に、若い人たちが素早く新しい運動をやってくれた」みたいなことをおっしゃっていて、その口ぶりは自分たちは自分たちでやれることはやるけれども、若い人を含めた他の人のやっていることも応援したいという気持ちがある、そんな風に感じたのだった。

 
 その上で記すわけだが、もう若くはないのだ。松本さんは僕よりひとつ上の1974年生まれ。確かに1938年生まれの鎌田さんから見れば若い。けれど、30代の半ばを過ぎた。数年前、どこかで東浩紀さんが、正確な文言は忘れたけれども「僕ももう38ですよ。若いもの扱いされるけど、もうそんな歳じゃないです」といった発言をされていたのを思い出した。


 何かしらものを書いたりしたものが商業流通に乗るためには一定の経験や実績が必要で、その意味では20代やせいぜい30歳ちょっとくらいまでの人の言葉が、本になりにくいのはよく判る。もう少し時が経てば変わるのか、どうか。しかしなぜだか最近、持たねぇぞこのままじゃ、という想いにかられる時がある。「毎日」での丹念な連載「リアル30’」が単行本になるようだが、内輪話で終わるでなく、他の世代といかにうまくやっていけるかと考えるのはほんとうに難しい。明らかに制度の問題はデカいのだが、それだけでもやはりなかろう。うまく言えないが、このへんの問題は色んなところで今しばらく出てくるような気がする。


 3・11以前と以後をつなぐもの。諸悪の根源としての「派遣法」、それに対抗する様々なプレカリアート運動、生活保護の問題、被災地での雇用と生活……。「カネと命の交換」と鎌田さんが指摘した、その言葉に収斂していくように思われる。

 
 だが、会社勤めで商いをしている僕は、「カネと命の交換」の論理が思いのほか自分の中に沁み込んでいることを徐々に自覚している。こうして出かけてイベントの場で話を聞いて溜飲を下げるだけではだめだということを知っている。さりとて、本は商品ではない、などとたわけたことをぬかすつもりもありゃしない。さあ、どうするか。


 しばしば雨宮さんが言われたように「いがみあう必要のない人たちどうしがいがみあっている、そうさせられていること」への疑念、あるいは怒り。そうしたことさえ忘れなければ、何か見えてくるものがあるかもしれない。


 
[PR]

by todoroki-tetsu | 2012-10-29 21:16 | 運動系 | Comments(0)

「怒り」をめぐって

 「原爆批評」の続きがなかなか書けずにうろうろしている。つながるようでいて、つながらないような、そんなことを考えたので少し。

 雨宮処凛さんと小森陽一さんの対談『生きさせる思想』を、興味深く読んだ。

 日常を戦場と捉える雨宮さんの言葉は常に共感するのだが、この中でそうした文脈とは別に首肯したのは、「無条件の生存の肯定」(「生きさせろ!」)に触れた後に続く、

 「おそらくまず自分を肯定できないと怒れないと思います。自分はダメな人間だと思っていると、何をされてもしかたないって諦めると思うんですけど、自分を肯定できると、自分にされたことは不当だと思えるわけですよね。否定され続けている人に、怒れといっても無理な話で、肯定されて初めて怒れるようになる」(P.163)


 という雨宮さんの言葉である。
 
 「何らかの異議申し立てをするのが当然」→「なぜ他人は何も言わないのか?」と思ってしまう人にとっては極めて重要な指摘。もう一方で杉田俊介さんの「ロスジェネ芸術論(1) 生まれてこなかったことを夢見る」(「すばる」2008年8月号)と何かつなげてみたいのだけれども、今はひとまず措いておこう。

 僕自身は思うところがあれば異議申し立てをすべきだと思うけれども、それはそれで自分自身にとってもしんどいことでもあるので、自分も他人も追い詰めない程度にやるのがいいだろう、と思う。

1.タテ軸
 うまいこと言っているな、と思うのはやはり小田実さんであった。

 『世直しの倫理と論理 上』に、「くらしと『人間の都合』」というセクションがある。このおわりのほうで、小田さんはある消費者運動を提起する。

 今までの消費者運動が、カラー・テレビは十万円もして高すぎるから不買運動をする、というスタイルであったとすれば、これからは、カラー・テレビにさけるカネは二万円しかない、だから二万円でカラー・テレビを作れ、と要求していくのはどうか、と小田さんは言う。そして、こう続ける。

 「それはムチャや、と企業――全企業が言うでしょう。言うにきまっている。そんな勝手な値段をつけて。その悲鳴には、次のように答えてやればよろしい。何がムチャや。おまえのほうかて、これまで(ボクらに何の相談もしないで)勝手に十万円という値段をつけて来たやないか。(中略)おたくの都合は企業の都合や。ボクらのは、『人間の都合』や」(p.151 下線部は本文では傍点)


 「人間の都合」から「生きさせろ!」へ……カラー・テレビと、本当に今日と明日をしのぐための衣食住との話の落差に愕然とするが、仮に「人間の都合」を申し立てることが大きなものであったならば、今はどうなっていただろうか、とも思う。「自己肯定」と「怒り」の問題は、極めてスリリングである。

 2.ヨコ軸

 話を今に戻そう。とはいえ、「怒り」を抱くのはしんどいことでもある。一緒に怒れる仲間がいればいいだろうが――雨宮さんは「同志」という言葉を使っておられる――、それを見つけるのも結構難しいものだし、そもそも怒ってすらいない、という場合が少なくないように思える。

 浅尾大輔さんが雑誌「住民と自治」に記されていたエッセイの最終回(2009年6月号)は、極めて示唆に富む。

 派遣仲間に対して「私たち、もっと怒らなきゃ!」と言ったら、そんな風に言えるのはあなたに「余裕」があるからだ、と返された和子さん(仮名)の印象深いエピソードを引きながら、浅尾さんはこう続ける。

 「私は、支える側の一人として、ドアを叩く前の彼女たちの暮らしを、哲学を、交友関係を知らないということ、そして彼女がどんなふうに働いていたのかを見たことがないということ、そのことを忘れないでいたい」(P.41)


 これは、倫理なのか知恵なのか、思想なのか覚悟なのか、なんと表現してよいのやら分からないのだけれども、「知らないこと」「見たことがないということ」を「忘れないでいたい」……この言葉に、僕は衝撃を受ける。

 自己責任は言うに及ばず、社会がどうだ政治がどうだ、なんていう前にまずもって生身の人間として接する際にまずもって大事なのは、きっと、こういう慎ましさなのだろう。誤解を恐れず言えば、「正しい答え」を用意するのが第一義ではない場合がある、ということなのだろう。ちなみに、この最終回のエッセイのタイトルは「『怒り』の手前にあるものを探して」である。

 では、「怒り」の手前にあるもの、とはいったい何なのか? 小川朋さん編著の『派遣村、その後』は、「手前にあるもの」を、当事者に即して捉えるべく格闘しているように思える。

 真山さんという、派遣村の元「村民」を追った箇所(P.62-9)。どうにも要約出来ないのでぜひお読み頂きたいのだが、ネットカフェ暮らしで「人生の望みを九九パーセント達成した」と言う彼女を追ったルポの最後は、こう締めくくられる。

 「満足できる人生に欠けている、あと一パーセントのなかには何があるのか。しばらく考えたあと、真山は『それはわからないなあ』と答えた」(P.69)


 そう、「わからない」のだ。「わからない」ことをそれとして受けとめる、否、受けとめ続けることが必要なのだろう。仮に一パーセントがわかったとしても、それで何がどうなるわけでもないのかもしれないし、ひょっとするとその一パーセントが、雨宮さんのいう「自己肯定」だったり、和子さんが仲間に言われたところの「余裕」になりうるかもしれないが、それすらも、「わからない」。
 
 「怒り」――社会的な、と添えておこうか――が、「自己肯定」や「余裕」を担保にせざるを得ないとしたら? という問いを立てられるのかもしれない。それほど、社会的な「怒り」をめぐる情況は深刻だと思う。同時代の文学者、ライター、批評家、実践家、研究者、そして当事者の言葉を、注意深く追っていきたい。

 
[PR]

by todoroki-tetsu | 2009-11-12 04:44 | 業界 | Comments(0)

雨宮処凛×中西新太郎「生きづらさと1995年」

 『1995年』から、雨宮さんと中西さんの対談について。

 当時フリーターだった雨宮さんの体験談は生々しく、「時代の証言」的な要素が強い。相手が中西さんであることで、個別具体的な経験がより広い文脈が位置づけなおされているように読めた。

 後半に、中島岳志さんと栗田隆子さんが少しだけ参加されている。このあたりはさらにエンジンがフル回転していて面白い。『終わりなき日常を生きろ』について述べている箇所(P.69-74)は、唸る。

 結論的に言ってしまうと、この『1995年』全体が、ひとつの宮台真司さん批判として読めると思う。未着手だが、時期をほぼ同じくして上梓された鈴木謙介さんの『サブカル・ニッポンの新自由主義』とあわせて考えてみたい。
[PR]

by todoroki-tetsu | 2008-10-17 14:21 | 業界 | Comments(0)

水野和夫・島田裕巳『資本主義2.0』

 ウラゲツ☆ブログで見て以来、ずっと気にはなっていたのだ。「1995年に世界は変わった!!」との惹句のある、水野和夫さんと島田裕巳さんの『資本主義2.0』である。

 1995年というのは、とにかくいろんなことが立て続けに起きたな、という年であった。1975年の僕は、学年こそ違えど同じ年に生まれた雨宮処凛さんが表現する「盆と正月とハルマゲドン」という表現にしっくり来る。

 いやあ、同年代だなあ、などとのんびりとした感想を抱いていた。

 大澤真幸さんも以前から、そして近著『不可能性の時代』ではより詳細に、1995年を区切りとして議論を展開しておられる。せいぜいのところ、これくらいしか僕は知らなかった。「我らの時代」みたいにしか考えていなかったので、あんまり幅広くこの1995年という年を捉えようとしていなかった。

 そんなわけで、この本を手に取ってはじめて知ったのだ。水野和夫さんもすでに1995年を画期とする議論を展開されていたということを。

 これはいかん。ちゃんと読まねば。どんな風に他の論者の議論と切り結ぶことが出来るのか、楽しみである。
[PR]

by todoroki-tetsu | 2008-05-31 21:35 | 業界 | Comments(0)

『反貧困』読了

 小さい時分、とかく滑り台が好きだった。もの心つくかつかないかのころには「あといっかい!」とせがみながら何度も滑っていた(といまだに親に言われるのは何とも腹立たしいのだが)らしい。小学生になるとさすがに熱は落ち着いたものの、ちょっと変わった滑り台のある公園――通称タコ公園。ダメモトで調べてみたらヒットした。懐かしい――では相当飽きずに遊んでいた。

 ただ、不思議と一人で遊んでいた記憶はない。随分小さいときは親が側にいてくれたわけだし、またその公園のボス格のガキ大将的な上級生がいたりしたこともあって、なんだかみんなに見守られながら遊んでいた、という記憶がある。もちろん、友達同士で遊んでいたこともあった。

 もやいの湯浅誠さんの新刊『反貧困―「すべり台社会」からの脱出』を読みながら、そんなことを思い出した。「一度転んだらどん底まですべり落ちていってしまう『すべり台社会』」とまえがきで記しておられる。たしかに、すべり台は何が楽しいって、ちゃんとまた上に上がることができるから楽しいわけだし、友だちも含め周りの人が見守ったり一緒にいてくれたりしている安心感があるからこそ、子どもにとってはそこそこの高さのある=それなりの危険性はある遊具で遊べるわけでもある。

  読みどころは多いが、第三章「貧困は自己責任なのか」で展開される五重の排除は必読。『若者の労働と生活世界』でも展開されていたが――石井政之さんのコンパクトかつ適確な批評も参照されたい――、より深化しているのは「自分自身からの排除」。

 湯浅さんはこう記している。

 「期待や願望、それに向けた努力を挫かれ、どこにも誰にも受け入れられない経験を繰返していれば、自分の腑甲斐なさと社会への憤怒が自らのうちに沈殿し、やがては暴発する。精神状態の破綻を避けようとすれば、その感情をコントロールしなければならず、そのためには周囲(社会)と折り合いをつけなければならない。しかし社会は自分を受け入れようとしないのだから、その折り合いのつけ方は一方的なものとなる。その結果が自殺であり、また何もかもをあきらめた生を生きることだ。生きることと希望・願望は本来両立すべきなのに、両者が対立し、希望・願望を破棄することでようやく生きることが可能となるような状態。これを私は『自分自身からの排除』と名づけた」(p.61-62)、と。

 こうした「排除」から抜け出すために、金銭的なことだけでなく人間関係なども含め「溜め」をつくることが必要だ、と説く。

 いわゆる自己責任論をかなり意識して筆を進めているのが強く感じられる。1975年生まれ=「新時代の『日本的経営』」を二十歳の時に目の当たりした世代≒自己責任論の影響を強く受けたひとつの世代としては、自分自身への反省(これは時として自分にとってもすごく痛い)を迫られる。

 少し話は変わるが、こうした分析と、例えば雨宮処凛さんがこのように語ることを結びつけて考えることは出来ないだろうか?

 「とにかく、私は傍観者として生きることの方が苦しい。自分が何を思おうと、何をしようとこの世界がまったく変わらないとしたら、これほどの絶望はない。絶望するのが嫌で当事者性を過剰に求めまくっているということに、自分で気がついたんですよ」(『全身当事者主義』、p.227)

 「自分自身からの排除」からうまく抜け出せたとして、即雨宮さんのようになれるわけではないだろうし、またそうすべきというわけでもない。でも、ここに共通する何かがあるような気がしている。

 自己責任論やいわゆるネオリベをめぐっての言説は色々あるけれども、湯浅さんのような現場の人の言葉、雨宮さんのような自分で身を張ってきた人の言葉は格別の重みを持つ。
 
 こういう本を多くの人に届けられるのは、本屋冥利に尽きるというものである。
[PR]

by todoroki-tetsu | 2008-05-01 00:40 | 業界 | Comments(0)

『思想地図』読了

 かきいれ時の4月だというのに日曜日に休んでしまった(別の日にちゃんと出勤します)。ちょっとこの間いろいろあり、ここでちゃんと本を読まないと気力が持続しそうになかったので、強引に。

 というわけで、「思想地図」を読了しました。着手から24時間以内の読了なので、まあ、一気読みの部類に入るかな、と。とかく盛りだくさんで、これで¥1,575は安い。5月末発売の「ロスジェネ」が¥1,365なのを考えると、無茶苦茶に安い。さすがNHK、というよりも、かなり無理したのではなかろうか。

 値段にこだわるのは、目の前でお客様が買ってくださる現場に僕が身をおいているからということもあるだろう。価格設定は「誰に、どう届けたいと考えているか」が問われるポイントで、このことは雨宮処凛さんが「ゴー宣」について書いたり話したりする時によく言及されることでもある(「ゴー宣が連載されている週刊SPA!は370円で買える」。このことは「ロスジェネ」について記す時、あるいはまた別の機会にちゃんと記します)。だからといって安ければ売れる、というもんでもない。僕の感覚からは、¥1,785であれば売上数はさほど変わらないし、それくらいは取っていい内容だと思う。

 価格設定についてはちゃんと真偽のほどは確かめたいと思う(答えてくれるかどうかは別だけれども)。なぜこんなことを言い出したかというと、どんな読者を想定しているのだろう? というのが気になったのですね。

 僕の不勉強といえばそれまでですが、「コード人事」(p.100)、「エラスムス・プロジェクト」(p。115)、「QOL」(p.300)といった用語には注釈が欲しいし(見落としだったらごめんなさい)、引用文献(参照文献ではない)はやはり該当ページをちゃんと明記して欲しい。明記しているものもあるけれども、特に芹沢さんの論文は気になる(これは内容の評価とはまた別の話。よくまあコンパクトにこれだけまとめたものだ、と改めて芹沢さんのすごさ――直近の二つの事件への言及も含めて――を感じました)。

 もちろんこれは書いた当人の問題ではなく、編集者(編集委員ではない)の問題だと思う。こうしたところがもう少し丁寧であれば、「思想地図」を手がかりにさらに勉強していこうという若い人により親切なのではなかったか、というのが率直な感想。

 内容についてはどれも面白く読みましたが、一番勢いというか熱気を感じるのは共同討議「国家・暴力・ナショナリズム」です。当たり前といえば当たり前のことではありますが、ここで出された論点は幅広く、議論の密度はきわめて濃い。今後この「三題噺」にアプローチしようとする際、誰もが手がかりにしうるし、またしなければならないような、そんな位置づけになるような気がします。

 他にも面白いと思ったところはいくつもあるのですが、それらはまた改めて。
[PR]

by todoroki-tetsu | 2008-04-28 00:23 | 業界 | Comments(0)