タグ:無能力批評 ( 6 ) タグの人気記事

「ジョジョ」を読む

 仕事が忙しいんだか忙しくないんだか、よく分からない。読み進めなければ、と思っている石田忠さんの『反原爆』(未來社)とか、トリートさんの『グラウンド・ゼロを書く―日本文学と原爆』とか、杉田さんの「ロスジェネ芸術論」を(1)から読み返そうとか、あれこれ考えてはいるが、どうも気が乗らないでいる。


 原爆のことや戦争のこと、あれこれ報道はあった。が、その報道に接する読者としての自分自身の準備に何か足りないものがある気がして。さりとて腰を据えようという気になりきれていないのは暑さのせいにとりあえずしておいて。


 この10日ばかり、ずっと『ジョジョの奇妙な冒険』を読んでいた。文庫版全50巻のほう。少し前に全部読み終えた。「part6 ストーンオーシャン」までということになる。世代としてはモロなのだが、あまりちゃんと読んでいなかったし、なにせ高校生の終わりごろに大島弓子先生の作品に衝撃を受けてこのかた、「線の多い」絵柄の漫画はなんとなく敬遠していたのであった。

 
 文庫版の2巻目くらいからようやく絵柄に慣れてきて、読むスピードは加速していく。いわゆる少年漫画の王道というのだろうか、やっぱり面白いな、と思った。あらためて、この膨大なストーリーの中で「マックイイーン」に着目した「無能ノート」(『無能力批評』)の慧眼を思う。
 

 読みながら、「杜王町」を舞台とした「part4 ダイヤモンドは砕けない」あたりからだろうか、「『世界』を創ること」について頭の片隅で考えていた。僕は文学というものが(いや、「も」というのが正しい)分からない。「(F+f)」(夏目漱石)なんて目にしたところで「はぁ?」というだけである。が、自分の観察や想像力を、絵や言葉で、ひとつの「世界」として表現したい/出来る、というのはとてつもなくすごいことだな、と思ったのだ。

 
 世界観やストーリー、またキャラクターの姿やせりふによって、読者が現実の中で励まされることはあると思う。そのメッセージを受け取る力が読み手にも必要なのは言うまでもないことだが。「ジョジョ」には「成長」とか「正義」とか「希望」とかがド正面から描かれている。爽快かつ明確なメッセージだ。いわば「大きな世界」である。

 
 ここで妄想する。では、ここまで明確なメッセージがないような描写でも何らかの力をもつ場合があるのはどうしてだろう? 

 
 自分のさして豊富ではない読書体験を翻ってみるに、明確なメッセージに引き付けられる(例:漫画版『ナウシカ』)ことがほとんどであるにも関わらず、そうでない部分も確かにあるのだ。不思議なことである。


 たとえば。宮沢賢治「猫の事務所」で描かれる「かま猫」の悲劇。べんとう箱をとってやろうとして誤解される。こういうことはあるよな、と思う。誤解される側としてもする側としても。たとえ獅子の登場という明確なメッセージがなくても、あるいは「かま猫に同情します」といってくれる「ぼく」がいなくても、この描写は印象深く残るだろう。


 あるいは「銀河鉄道の夜」の、「(ああほんたうにどこまでもどこまでも僕といっしょに行くひとはないだらうか。カムパネルラだってあんな女の子とおもしろさうに談してゐるし僕はほんたうにつらいなあ。)」。さそりと神の問答を経て「どこまでもどこまでも一緒に行かう」という言葉によって打ち消されたとしても、ジョバンニの感じたような「つらさ」は、やはり印象深く残るのだ。

 
 これらは「ジョジョ」ほどの壮大さがある「世界」ではない。「銀河鉄道の夜」は別の意味で壮大だが、僕が今引いた部分はけっして大きなものではない。これらはいわば「小さな世界」である。


 自分の感情や思いがあって、それは何か身近な他者とは共有できないものであったとしよう。でも、作品の、たとえ何気ない描写――小さな世界であっても、そこに自分の感情に触れるものがあるとすれば、少なくともその感情は自分一人だけが持っているのではない、ということが分かる。実際に描写した作者がいるのだから。そこに「孤独」から逃れる、少なくともそのきっかけは見つけ出せるはずなのだ。ほんのささいな描写であっても、いや、大小に関わらず「世界」が成り立っていれば、結果として人を救うことが出来るかもしれない。ひょっとすると、文学というのはそういう力のことを指すのだろうか。


 もちろん、これは作者だけの問題ではない、読者の問題でもある。次の言葉を、ふと思い出す。
 

 文句なしにいい作品というのは、そこに表現されている心の動きや人間関係というのが、俺だけにしかわからない、と読者に思わせる作品です。この人の書く、こういうことは俺だけにしかわからない、と思わせたら、それは第一級の作家だと思います
                               吉本隆明、『真贋』、P65-66



 読者の立場になってこの言葉を考える。「こういうことは俺だけにしかわからない」と「思えたら」、「第一級」とまではいわずともそれなりの「読者」になっているとはいえないだろうか? 自分自身の経験や感情――ライフヒストリーといってもいいかもしれない――、それらを背負った上で自分自身をたたきこむように、自分の「世界」を全力でさらけだしながら作品の「世界」にぶつけることが出来れば、少なくとも「消費」だけしている次元にはいない。そんな風に考えてみることが出来ないか。


 もうひとつ、手がかりになりそうな言葉をあげておく。


 重要なのは何回読んだか、どれくらい読み込んだかという問いではない。「読む」ときわれわれは実際には何をやっているのかという問いである
 山城むつみ、「小林批評のクリティカル・ポイント」、『文学のプログラム』所収、P.49



 あらら。ジョジョの話からずいぶん遠くなってしまった(笑)。なんでこうなったんだろう? まあ、いいや。自分への宿題みたいなものとしておこう。


 宿題ついでに、ちゃんと読みたいと今考えているものを、冒頭にあげたもののほかに2点メモしておこう。


・伊東祐吏さんの『戦後論

 恥ずかしながらノーチェックだった。今日の「毎日」で取り上げられているので初めて知った。「自分たちが戦争をした事実をごまかしているから、議論を生産的に積み重ねられず、右派は正当化ばかり、左派は批判ばかり。戦争経験を引き継ぐといっても、受け手の心に届かない議論になっています」というコメントが実に気にかかる。


・陣野俊史さんの『「その後」の戦争小説論』

 「すばる」に連載中。こま切れにしか読んでいないが、先日連載第一回を図書館で読んだ。なんでもっと早くにちゃんと読んでおかなかったんだろう、という後悔はさておき、これはじっくりしっかり読みたい。


 
[PR]

by todoroki-tetsu | 2010-08-20 00:03 | Comments(0)

twitterで杉田俊介『無能力批評』を再読する

 twitter読書第6弾は杉田俊介さんの『無能力批評』。ハッシュタグは #munouryoku。部分的な再読は何度かやっているが、通しての再読は初めて。2年前の初読時には圧倒されるばかりであったのだが、今回は少し冷静に、杉田さんの言う「無能力」とは具体的にどういうことか、と考えながら読んでいた。『ロスジェネ』4号における大澤さんとの対談を読んでいたから、それで少し自分なりの相対化が出来始めていたのかもしれない。

 「他者」という問いの延長線上、あるいはその問いを押し上げるものとしての「無能力」。そんなイメージを抱いたのだが、さて、これが正しいかどうかは分からない。

 新たなステージを切り拓く言葉への模索、という印象も同時にある。フリーターズフリーの最新対談集ではどんな言葉が繰り広げられているのか。これから着手しよう。
[PR]

by todoroki-tetsu | 2010-05-15 08:17 | 批評系 | Comments(0)

永山則夫『無知の涙』読了

 読み終えて気づいたのだが、つい先ごろ購入した『無知の涙』、「2008年6月20日 16刷発行」と奥付にある。このタイミングでの重版、それだけ注目が高まっているということなのだろうか。

 巻末に収録された秋山駿さんの「ノートを読んで」でも指摘されているが、この本は詩集という印象が強い。短歌詩もあるしエッセイもあるし、雑記文章もあるので、詩ばっかりなのではない。けれども、全体として詩という印象を受けるのである。

 例えば、散文ではあるけれどもこんな節。

 ある日と永遠のなかでのこと――『ぼくは鯨の背に乗って呑気に世界旅行している際〔最〕中、食物が無くなった! 数日の目まい、かわき疲れ、食物への幻覚……、ぼくはこまりにこまった。そこで鯨に話すことにした。「君を食べていいかい……そのう……つまり……」鯨は超音波でぼくの脳波にこたえた「仕方無いよ」と一言だけ。もっと言って欲しかった……。ぼくは最初は遠慮して少しづつ、ほんの少しづつ背中から喰っていった。呻(な)かなかった。鯨は何も言わなかったのだった。そして毎日が経過していった。当てのない世界旅行! ぼくが背中を喰っていって、それが大変悪辣極まる事だと気がついた時!! 鯨の三分の一を喰っていた。ぼくは鯨に謝った。鯨は…………何も言わなかった。鯨は屍体だったのだ……。ぼくはその日から孤独になったのだった。生きる事の無意味さを悟る時、ぼくは自分の喉に、それまで鯨を苦しめたナイフを刺していた。ぼくの脳味噌から最後の一滴の血がひく瞬間、鯨とは自分自身の精神と悟るのであった。』
       ――死する者より・その三十五――「逆説のある考え」(P.284-285)
  
  
 散文詩、というのが僕はよく分からないし、そうした思いでつづられたのかどうかも知らない。でも、イメージはまさに詩というにふさわしいと思う。

 一読者としては確かに興味深く読んだし、意義のある著作であると思う。では、一応はプロの書店員の端くれとして、どんな提案をお客様にしていけるのだろうか? と考える。

 杉田俊介さんの『無能力批評』、特に「自立と倫理」、「[無能力批評A]『フリーターズフリー』創刊号に寄せて」を連想し、それらから、今『無知の涙』を読む意味を探ることが出来ないかと考える。

 ひょっとすると、「食物」という言葉から、『寄生獣』論や「あんぱんまん」への言及を僕がただ勝手につなげているかもしれない。あるいは、「ぼく」と「鯨」との関係から、「他者」について論じている部分を僕が表層的に解釈しているだけなのかもしれない。

 もう少し考える。

 「文化系トークラジオLife」の議論が白熱してきたのでひとまずここで。
[PR]

by todoroki-tetsu | 2008-06-23 02:43 | 業界 | Comments(0)

杉田俊介『無能力批評』読了

 読みかけの本をすべてほったらかして、杉田さんの『無能力批評』を一気読みする。

 そうそうさらっと読める本ではなかったし、また、そんな読み方を許さない「何か」がある。

 それは、杉田さん自身が「この少し奇妙bizzareな本」(あとがき)と記しておられるように、構成といい文体といい、決して整然としていない――いやむしろ、混沌とした一冊だから、なのかもしれない。

 反貧困たすけあいネットワーク、青い芝、バートルビー、『ジョジョ』、『寄生獣』、『ナウシカ』、カント、ブランショ、フーコー、スピノザ、デリダ、マルクス、橋川文三、立岩真也、小泉義之、東浩紀、非モテ、田中美津、森岡正博、宇多田ヒカル、あんぱんまん、宮澤賢治……。

 読後、順不同にパッと思いつくだけでもこれだけのキーワードが出てくる。これが混沌でなくてなんであろう。しかし、それが「無能力批評」という目で見ると幾重にも錯綜しながらつながっていくのである(もちろん、まだ一度しか読んでいないので、自信を持っては言い切れないが、そういう手触りは、ある)。

 僕はこの『無能力批評』を、「現代批評界至高の『奇書』」と銘打ってみたい――もっとも、「現代批評界」なんて言葉があるのかは知らないが。

 「奇書」とは「構想がずば抜けておもしろく、他に比べものの無い本」(「新明解」第5版)のことだそうだが、この「奇」に「奇妙bizzare」の「奇」を重ねたい。

 一読して高山宏さんの博覧強記自由闊達ぶりをどこか髣髴とさせるようにも思うが、杉田さんの筆はより重く、生々しい。

 生身のからだの息遣いや匂い――それは望ましいもの、微笑ましいもの、かぐわしいものとしてというよりも、望ましくないもの、忌み嫌われるもの、臭いものとして立ち現れる――から決して離れることなく、そこにこだわり続けることから生まれるであろう「何か」。

 もう少し考えてみたい。

 いや、本屋勤め人としては何かいいPOPのネタが拾えないかという目で(も)読んでいたつもりなのだが、そんなことにかまってられずに没頭してしまった。ああもうどうPOPを書けばいいのだ!? と悩むが、こういう悩みは、嫌いではない。

 
[PR]

by todoroki-tetsu | 2008-05-22 00:16 | 業界 | Comments(0)

杉田俊介『無能力批評』、遂に入荷

 先日触れた杉田俊介さんの新刊、『無能力批評』がついに今日入荷した。

 いやあ、目次を見るだけでワクワクする。

 以下に列挙する。

〔Ⅰ〕
フリーターリブのために
 ――労働・自由・生命――
誰に赤木智弘氏をひっぱたけるのか?
 ――「「丸山眞男をひっぱたきたい 三一歳フリーター。希望は、戦争。」に応答する――

〔Ⅱ〕
ニート/バートルビー
 ――生まれてこなかったことを夢みるイエス――
 Ⅰ ニート
 Ⅱ バートルビー
 0 (わたし)
無能ノート
 Ⅰ 生存――ニーチェ
 Ⅱ 潜勢力――アガンベン
 Ⅲ 邪悪――荒木飛呂彦
 Ⅳ 無能の神学のために
自立と倫理
 Ⅰ 自立生活テーゼA/B
 Ⅱ カントとオートノミー
 Ⅲ カントとともにある『寄生獣』、『寄生獣』によるカント
[無能力批評A]『フリーターズフリー』創刊号に寄せて
 ――労働・アナーキー・ユートピア――
[無能力批評B]ウーマンリブ、遭遇
 ――自己道徳/社会正義/子殺しの倫理――
[無能力批評C]一九七〇年代前半神奈川青い芝と無能力のメルティングポイント
 青い芝の闘争(その三つの空間)
 CIL的なもの・と・青い芝的なもの――あるいは繋ぎ損ねられたもの
 介助的自立・と・コンフリクトへの自立――介助者手足論でも健全者手足論でもなく
 能力主義というフリージングポイント、あるいはその先にあるもの
 盲点と腐朽――『あゆみ』というテクスト

〔Ⅲ〕
ALS・自然死・家族介護
 ――いちヘルパーの小規模な日常から――
 1 剥がされていく、
 2 片隅で、
 3 別の当事者として、
「男性弱者」と内なるモテ幻想
 ――メンズリブノート――
 男らしくない男たち――「男」でもなくマイノリティでもなく
 フェミニズム/メンズリブ/男性学
 非モテとは何か?――三つの非モテ観――
 弱さについて
 性暴力と死の欲動
 再び、メンズリブのほうへ
 最後に
東浩紀『ゲーム的リアリズムの誕生』のクリティカル・ポイント
宇多田ヒカルのパッション

 この多彩さ! 読み進めるのが楽しみでしょうがない。

 税込¥2,310と決して安い値段ではない。が、正確な数は伏せておくけれども、今日の夕方からの数時間で早速売れている。かなりのハイペースである。

 うれしい。本屋の楽しみはここにある。もっと売れるように工夫を考えよう。

 ところで、バートルビー、ウラゲツ☆ブログでもあらためて触れられていた。文学音痴の僕だが、ちょっと気になる。
[PR]

by todoroki-tetsu | 2008-05-21 00:16 | 業界 | Comments(0)

杉田俊介『無能力批評』

 待ちに待った杉田俊介さんの新刊『無能力批評』(大月書店)。ようやく具体的な日程が見えてきた。

 迷いに迷ったが強気で初回部数を決める。多分、うちの店頭には5/22くらいにはならべられると思う。ほぼ同じか数日前に多分雑誌「ロスジェネ」(かもがわ出版)を、そして多分、来週には『フリーター論争2.0』(人文書院)もならべられる。

 こういう本は「売れるか/売れないか」ではない。「売る気になるか/ならないか」である。

 もちろん、こうした考え方は間違っているのかもしれない。選ぶのはあくまでお客様であり、書店員ごときがどうこう考えるものではない、という考え方も成り立つし、それは一定正しいと思う。

 でも、やっぱり、「売りたい」と心底思う本というのはあるのです。

 とはいえ、詳細を僕は知らない。しかし、縁があって事前に拝読することのできた雑誌「ロスジェネ」と『フリーター論争2.0』から、杉田さんの誠実さがひしひしと伝わってくる。まず、内容に間違い(?)があるわけはないのである。

 うちの売場で日本一売ってやる! と一人決意した。
[PR]

by todoroki-tetsu | 2008-05-09 23:58 | 業界 | Comments(0)