タグ:武藤類子 ( 2 ) タグの人気記事

伊丹万作「戦争責任者の問題」其の八

著名な言葉があらわれる。


「だまされていた」といつて平気でいられる国民なら、おそらく今後何度でもだまされるだろう。いや、現在でもすでに別のうそによつてだまされ始めているにちがいないのである。

だますこと(人)とだまされること(人)の区別はそうはっきりしたもんじゃない、そもそもだまされたといったからと主張したからと言って責任から逃れることはできないじゃないか。だまされることそのものが悪である。万作はこう指摘してきた。ここから万作自身のこと、具体的にはこの一文を記すきっかけとなった映画に関する記述に進むのであるが、その直前にあたるのがこのあたりとなる。


一度だまされたら、二度とだまされまいとする真剣な自己反省と努力がなければ人間が進歩するわけはない。この意味から戦犯者の追求ということもむろん重要ではあるが、それ以上に現在の日本に必要なことは、まず国民全体がだまされたということの意味を本当に理解し、だまされるような脆弱な自分というものを解剖し、分析し、徹底的に自己を改造する努力を始めることである。

「戦犯者の追求ということもむろん重要ではあるが」(!)。当時この言葉がどう読まれたのか、僕は知らない。どのような考えからであれ、責任「追及」に執着していた人からはずいぶんと反発を招いたのではあるまいか。繰り返すが、この文章は1946年8月発売雑誌に公表されたものである。

脱線するが、思いつく人の生年を記してみる。


・上原專祿:1899年

・渡辺一夫:1901年

・伊丹万作:1900年

・小林秀雄:1902年

・中野重治:1902年

・高島善哉:1904年

・宮本顕治:1908年

・丸山眞男:1914年

・加藤周一:1919年

・吉本隆明:1924年


僕の中では高島善哉より上と下で受ける印象が随分と変わってくる。たまたま何かしらのきっかけで知るようになり、何かにつけ参考とする/したいと思う人を少し並べてみただけなのだけれども、「国民」のとらえ方についてしっくりくるのは高島より上の世代である。


こうして私のような性質のものは、まず自己反省の方面に思考を奪われることが急であって、だました側の責任を追求する仕事には必ずしも同様の興味が持てないのである。

この次に政治問題についての興味深い記述がつづくが、その前に、万作のこの言葉の意味をよく考えてみたい。だました側の責任を追求する仕事を否定しているわけではない、しかし、その前にもっと考えなければと訴えているというのがひとつ。

しかし、こういうことを言えば「声を上げなきゃ」「何かやらなきゃ」「沈黙は認めたことといっしょ」など、もろもろの言葉が返ってくるだろう。それはそれで正しい。では、どっちが正しいかという問題か? 違う。


万作はもっと別の次元を見ている。責任を追求した、その結果何かが変わるかもしれないし、変わらないかもしれない。本当に変わるということは、私たち自身が変わることではないのか。自己反省がなければ何も変わりはしないのではないのか。


万作との対話がもし可能であれば、おそらく以下の言葉とそう遠くない地平が見えてくると思われる。戦後加藤周一さんたちの前で軍歌のレコードを流した渡辺一夫の姿とも、水俣病をめぐって紡がれてきた多くの言葉とも、僕にとっては重なってくる。今朝2015年1月29日付の「朝日」の「論壇時評」から、武藤類子さんの言葉。「世界」2月号よりとあるが、孫引きで申し訳ない。


原発事故は、東電だけに責任があるわけではなく私たちにもある。でも、一億総懺悔のようにみんなが自分のせいだと思って終わりではだめなのです。自分を問いつつ、そしてやっぱり一義的に責任がある人にきちんと責任をとらせなければ、また同じことが繰り返される


万作のいう自己反省と、武藤さんがここで言っている「一億総懺悔」が、まったく異なるものであることは言うまでもない。自己の反省がそのまま国民としての反省につながるような、そういうスケールで考え抜かなくてはならない。





[PR]

by todoroki-tetsu | 2015-01-29 20:00 | 批評系 | Comments(0)

脱原発10万人集会にて

 どうにも体調が芳しくないこの数日。いくつかの、どうあっても避けることのできなさそうな問題が連発し、しかもまだ何の解決も見いだせていないことが影響している……と思っているのだが、ただの暑気あたりかもしれない。

 
 というわけで、今日も出遅れてしまった。しばしばデモだの集会だのに向かう前に覚えるだるさとも似ている。身体がどこかで拒んでいるのかもしれない。が、電車に乗ってしまえばどうということはなくなるのだから不思議だ。

 
 原宿駅がえらいこと混雑している12:30、まあ、急ぐこたあねぇやと人の流れに身を任す。炎天下というにふさわしい。色んな団体やら車やらで歌だのアピールだのがさかん。


 別段あてはハナからないが、出来ることなら武藤類子さんのお話は伺いたいと思っていた。代々木公園でやられたイベントに参加したことなんてあっただろうか、と思うくらい記憶のかなた――国民大集会といったか、あれはたしかここだったような気もする。20年近く前だからもう覚えていない――。なので、人数がどうだとか比較は出来ない。えらいこと人がいることだけは判る。


 メイン会場らしきところにようやくたどりつくと、ちょうど大江健三郎さんのスピーチが始まるところであった。相変わらずの朴訥とした口調。しかし、その中には力がみなぎる。

 
 再稼働が決まって落ち込んだ、という大江さんは、中野重治の作品「春さきの風」を想起したという。簡単に粗筋を紹介したのち、大江さんはこの作品の末尾、


 「わたしらは侮辱のなかに生きています。」


 との一節を引いたのだった。
 

 昨年、「わたしたちをばかにするな」と語った武藤さんの姿がすぐさま思い起こされた。これらの言葉を、今生きている人間をしていわしめる何かがあるような気がしてならないでいる。


 それから後、幾人かのスピーチが続く。兎に角暑いのでそれとなく木陰らしいところに移動したりしながらとこちらも忙しい。ペットボトルに詰めてきた水はすぐさま空になってしまった。

 
 いよいよ武藤さんのスピーチ、という段になって、乱入してきた人がいた。舞台が見えないので声と音でしか判断できないのだが、明らかにハプニングのようであった。きっとどうしても言いたいということがあったのだろう。思いつめてもいたのかもしれない。が、間もなくマイクを切られ、おそらくは舞台の外へと連れ出されたようだ。

 
 経産省前であったり、官邸前であったり、東電前であったり、そうしたところで絶叫としかいいようのない声をあげている人を見てきた。聞くに堪えない罵倒も中にはあった。そんな言い方じゃ伝わらない、というのは圧倒的に正しいけれども、簡単だ。そう表現するほかないところまで追いつめられたことを想像すると、僕にはもう何も言えなくなってしまう。それはそうした言動を支持する/しないという以前の問題としてある。


 しかし、今回の乱入者は残念であった。他ならぬ武藤さんのお話を邪魔するような格好になってしまったのだから。やり方を「間違っていた」という資格は僕にはないが、少なくとも「まずかった」ことは確かだろう。


 ややあって、武藤さんが登場した。武藤さんのお話を直接に伺ったのは、数十人程度の集まりの一回だけだったように記憶している。この方のすごいところのひとつは、そうした数十人程度の集まりでのお話しぶりと、10万人を超す場所でのお話しぶりとが、ほぼ変わらないことだ。後者の方がどうしても多少は演説・スピーチめいたものにはなるけれども、ひとりひとりに語りかけるような、そういう口ぶりは変わることがない。

 
 ほんの数時間前のことなのに、もはや話の細部は自力で思い出すことが出来ない。しかし、お話をおおぜいの人と一緒に、直接に「聞いた」という体験だけは、強く、深く、頭の中に、あるいはこういってよければ「魂」の中に、残っている。


 武藤さんはおそらく、自分が何かを語るというお気持ちでおられるのではない。誰かに、何かに、陰に陽に突き動かされ、あるいは守られながら、言葉を発している。そのようにご自身で自覚されているのではないだろうか。それは武藤さんを通じて、聞き手、いや、同じ時代を生きる僕たちひとりひとりに響いてくる。

 
 かつて武藤さんの言葉について考えた時、僕はこのように記したことがある。


 武藤さんを絶対的存在として称揚してはならない。同時に、貶めてもならない。当たり前のことだが、どちらも失礼だ。確かにすごい人だと思うけれど、そのすごさは自分も生活し、働いている同じ社会・同じ時間と地続きであるというべきだ。自分とは無関係の地平にある存在なのではない。このことは何度でも思い出す価値がある。そして、そうした人が発した言葉が突き付ける絶対性が、確かにあるということを記憶にとどめよう、出来る限り。



 今は少し手触りが違ってきている。例えば、こうした文章に接した時の感覚に、近い。様々な違いを捨象しても、なお。


 何をなすか、ではなく、何を受け継ごうかと考え、世界をみるとき、私たちははじめて自身に準備されている「遺物」の豊かさに気がつくのではないか。別な見方をすれば、生きるとは、自己の願望を成就することではなく、先人の生に、いかに受け継ぐべきものを見出すか、ということになる。
                                 若松英輔、『内村鑑三をよむ』、P.48


 
 相対的存在に宿る絶対性、というのが僕がこの数年ぼんやりと考えてきたテーマであったが、どうやら少しは問いを進めることが出来そうな手触りが、ある。それは、数多くある問いや課題を、貫くことのできる「棒のごときもの」となるものかもしれない。

 
 武藤さんのスピーチのもたらしてくれた「体験」を、今一度かみしめることにしよう。
[PR]

by todoroki-tetsu | 2012-07-16 17:47 | Comments(0)