タグ:思想地図 ( 9 ) タグの人気記事

「独立系硬派雑誌」について

 昨日11/2(日)の「朝日」にて、竹信三恵子さんが「独立系硬派雑誌」というくくりかたで「ロスジェネ」「POSSE」「フリーターズフリー」などを紹介されている。シノドスなどにも言及されており、幅広くフォローしている印象を受けた。

 本屋としてはこの間実感している動向ではあるので、なるほどと思いつつ読みながらふと考えた。

 発行されている皆さん、採算は取れているのだろうか?

 自分の店では取次扱いのものはもちろん扱っているし、「POSSE」や「オルタ」は直扱いをさせて頂いている。

 細かい数字はここでは記さないが、それなりに売れてはいる。が、莫大な数というほどではない。この点、「思想地図」はちょっと別格な売れ方であった。

 もちろん、自分の店以外でも他の経路があるのだろうし、またいろんなつながりやイベントなどで「手売り」したりすることもあるのではないかと思う。が、硬い言い方をすれば、諸々の「イデオロギー」「主張」「意見」「考え方」が「形」≒「商品」となって立ち現れるのが本屋の棚。こうしたところでどう見せるか、どう売るか、と、本屋の仕事としては考えなくちゃいけない。

 「独立系硬派雑誌」を本屋で目立たせる際のメリット、一言でいえば「商材の多様化」ということに尽きる。多様な主張をしっかり見せることで顧客の選択肢を増やすことができるし、それが店頭の活性化につながる。集客効果は少なくない(もちろん店にもよると思うので一概には言えない)。

 ただ一方で、販売絶対数はやはり少ないのであって、集客機能を果たしてくれていることに対して「ご恩返し」をしなくちゃ、という気持ちだけはある。今のところ思いつくのは、雑誌そのものを売るだけでなく、発行/寄稿している著者や団体の著作もあわせてしっかり売る、ということくらいだろうか。

 雑誌発行者の方々からすれば、書店は数ある販売チャネルのひとつにすぎないだろう。そして、正直なところ、こちらも利益を多少なりとも得たい。雑誌発行者方々から見て、「本屋に卸すと直接販売よりは利益は落ちるが、それに見合うだけの効果はある」と思ってもらえるようなパターンを作り出せないかな、と考えている。色々なことを試してみたい。
[PR]

by todoroki-tetsu | 2008-11-03 09:29 | 業界 | Comments(0)

爆笑のうちに読了。松本哉『貧乏人の逆襲』

 松本哉さんの『貧乏人の逆襲』を読了した。

 これはですね、電車でよんじゃいけません。結局半分くらいは通勤電車の中で読んだのだけれども、思わず声に出して笑ってしまったこと3回。声を殺して腹筋を攣ってしまったこと5回。ひざから崩れ落ちたこと2回。あとの半分くらいは風呂で読んだのだが――半身浴で一リットル弱の水を飲みながら本を読むのが日々のリラクゼーションなのです――、笑い声を一人ユニットバスに響かせること無数。

 底抜けに明るくて、元気が出る。世の中のことを色々と真面目に論じている本は山ほどあって、そうした本はそれで大変好きだし、大事だと思うけれど、この松本さんのパワーは全然すっ飛んでいて最高。

 全編にわたって読みどころ満載なのだけれど、僕が一番笑ったのはP.116-117の「3人デモ」と「恐怖! すっぽかしデモ」のところ。これはもう最高としかいいようがない。

 僕はサラリーマン書店員であって、一応は正社員でもあって、本当はもっと考えなきゃいけないというか、この本をただ笑うだけじゃなくてちゃんと受け止めなきゃいけない部分は大いにあると思う。とりあえず、もっと自分の職場を面白くしよう、自分だけがというんじゃなくて、みんなで盛り上がれるような職場にしたいな、と思う。

 こうしたパワーは、やはり運動というか、何か実際にやってる人だからこそ持つものなのかもしれない。雨宮処凛さんもこの本の巻末で対談していらっしゃるが、何か明るいのですね。ここに僕は救いというか、展望があるような気がしている。『思想地図』のような取り組みもすんごく大事で、優劣ではないということを断った上で、松本さんのようなパワーがすごく必要なというか、求められている気がする。

  さ、いよいよ今日になった「超左翼」の「ロスジェネ」イベント、どんな様子になるか楽しみである。
 
[PR]

by todoroki-tetsu | 2008-06-27 00:17 | 業界 | Comments(0)

『思想地図』発刊記念シンポジウムに行ってきた

 紀伊國屋サザンシアターで行われた『思想地図』発刊記念シンポジウム、「公共性とエリート主義」に行ってきた。

 多分いろんな人がいろんなことを書くだろうと思うので、ひとつだけ。

 秋葉原の事件について、姜尚中さんが繰り返し触れていたことと、鈴木謙介さんが積極的には触れなかったこと。
 
 自分のフィールドである政治学の枠組みを慎み深く用いながら議論する姜尚中さんと、展望をなんとか見出そうと必死だった鈴木謙介さん。

 このお二人の姿が一番印象に残った。他の皆さまが何か不真面目だったとかそんなわけでは決してない。そういう意味ではない。北田さんの冒頭の問題提起、東さんと宮台さんの白熱した議論も大変興味深かった。

 そんな皆さまをおさえてなお、言葉の裏に抱えている「思い」がいっそう伝わってきたのが姜尚中さんと鈴木謙介さんだったのだ。

 安易にこんな言葉を記したくはない。でも、このお二人のおかげで、少し展望――漫画版ナウシカ的な意味での「光」――が見えた気がする。

 来週のロスジェネのイベントはどんな様子になるのだろうか。

追記
 今しがたNEWS23で鈴木謙介さんが座談形式で話しておられた。本当に自分の問題として考えていらっしゃるのだ、と思う。そうか、だからこそあえて語らなかったのだろうな、などと愚考する。もちろん、だからといって姜尚中さんが……というわけではない。世代の差による捉え方の違い、というだけであって、その真摯さには変わるところはない、と思う。

 次回の文化系トーク系ラジオLifeは重いかもしれない。でも、今までにもまして絶対に聞かねば、と思う。必ず、リアルタイムで。

 
[PR]

by todoroki-tetsu | 2008-06-17 00:39 | | Comments(0)

『ロスジェネ』をどう味わうか?

 もうさんざあちこちで紹介もされているし、まだまだ勢いはこれからの『ロスジェネ』。編集者松竹さんのブログによると、もう3刷が決定だそうだ。

 ¥1,575でこれでもかと詰め込んだ『思想地図』に比べて、ボリュームは圧倒的に少ないわりに、お値段は¥1,365である。

 だがしかし、カオスと勢いが違うのである。これは優劣の問題では決してない。『思想地図』だって丸山眞男へのふんだんな言及がある一方で『あずまんが大王』のラストを分析した論文(黒瀬洋平さんの「キャラクターが、見ている」)があるなど、相当なカオスであるし、共同討議「国家・暴力・ナショナリズム」や鼎談「日本論とナショナリズム」なども勢いのある議論である。

 が、『ロスジェネ』のカオスと勢いは、何か違うのである。良くも悪くも「泥臭い」のですね。何だか宮本顕治のいうところの「野蛮な情熱」(「敗北の文学」)を連想する――という表現が編集委員の皆さんや寄稿者の皆さんにどう思われるかはわからないだけれど――。

 杉田俊介さんの『無能力批評』について記した折に、「生身のからだの息遣いや匂い」と書いた。それと似たような感覚がある。汗臭さというか泥臭さというか、ためらいやはじらい、怒り、そしてそれらと正面から向きあっていこうとするエネルギーが、カオスと勢いでごちゃまぜになってしまっている。そこが良いのである。いい意味で、整然となんかしちゃいない。

 個別の論考として、10年後もなお生命力を保つだろう、と本屋の感覚としていえるのは杉田俊介さんの「誰に赤木智弘氏をひっぱたけるのか?」(『無能力批評』にも収録)と萱野稔人さんの「なぜ私はサヨクなのか」の二本。特に萱野さんの論考は短いが、左翼とは何か? を考える手がかりとして必須。以前にも記した中島岳志さんの「日本右翼再考」(『思想地図』所収)と対を成す。

 但し、これはそれ以外の部分がダメだとかいう話ではない。比較的独自性が強く、また後々言及されていく可能性が高いテーマと内容、というほどのことである。これはいわば雑誌としての「ロスジェネ」とは別の話。

 で、『ロスジェネ』を「場」として見た場合、「場」の雰囲気を決しているのは、大澤信亮さんの小説「左翼のどこが間違っているのか?」と、増山麗奈さんの見開きの挿絵(p.92-93)であろう。

 大澤さんの小説について何かを触れるのは、怖い。それくらい、すごい。とにかく読んでみてほしい、というだけで精一杯である。
 
 それに、増山さんの挿絵が加わるのである。挿絵というのはもっとこじんまりとしたもので、かつ本文の一場面を切り取ったようなものが一般的だと思うのだが、そんなものは増山画伯には関係がない。本文と密接な関係はあるが、これはもう、独立した作品である。購入してから何度もこの挿絵に見入っている。

 すごい。これを読み飛ばしては雑誌『ロスジェネ』を買った価値は半分しかない。

 まだまだ記してみたいことはあるが、 ひとまずは。
[PR]

by todoroki-tetsu | 2008-05-31 23:44 | 業界 | Comments(0)

中島岳志「日本右翼再考」(『思想地図』)

 ずいぶんと間が空いてしまったが、『思想地図』で気になっていた論文のひとつ、中島岳志さんの「日本右翼再考」について。

 20ページ程度の小論だが、「右翼」をきちんと考えようとする際の格好の手がかりとなっている。基本的には「右翼」の歴史・思想をコンパクトにまとめたという構成だが、

 「右翼思想の空洞化が深刻化する中で、社会の右傾化が進むという現象は、やはり危険な潮流なのではないだろうか。今こそ、政治的イデオロギーを超えて、『思想としての右翼』を批評する必要がある」(p.85)

 という一文で締めくくっておられるとおり、単なるレビューではなく、現在の「日本」への問題意識に裏打ちされたまとめ方になっている。知っている人には知っていることばかりなのかもしれないが、「右翼」思想の持つ奥行きに僕は教えられるところが多かった。

 例によって(?)橋川文三をよく引いておられるが――『ナショナリズム』への書評も素晴らしい――、面白いことに、間もなく発売予定の雑誌「ロスジェネ」に杉田俊介さんが寄せられた論考にも橋川への言及がある。また、同誌では、萱野稔人さんがご自身の考え方を振り返りながら「左翼」/「右翼」について論じておられる。

 どちらかというと何だかおどろおどろしいような印象を受ける「右翼」/「左翼」の話。今までの語られ方とは違ったやり方が出てきているのかもしれない。従来の議論を踏襲しつつ、新しい形に発展していけば面白い。積極的というか建設的な議論こそ、本屋としても商機。注意深くアンテナを張り巡らしておきたい。
 
[PR]

by todoroki-tetsu | 2008-05-14 15:25 | 業界 | Comments(0)

『丸山眞男話文集』

 みすず書房さんから、『丸山眞男話文集』が刊行される。

 第1巻が店頭に並ぶのはおそらく5/20すぎ。全4巻で、第1巻以降は三ヶ月ごとに刊行予定だそう。「手帖の会」の編集だから、当然内容は折り紙つきである。

 1936年執筆だという「現状維持と『現状打破』」(第1巻)はぜひ読んでみたい。が、それ以上に、第三巻・第四巻に安東仁兵衛を交えた座談が収録される(予定)のに興味津々。新刊書の中で安東さんの名を見かけるのは久しぶりに思う。もっと見直されていい人の一人ではないか、と常々考えている。

 しかし率直なところ、販売にはなかなかの苦労がある、と思っている。きっちりと展開するつもりではあるのだが、お買い上げになるであろうお客様の様子はおおよそ見当がつく。ご年配の、主に男性であろう。もちろんそれが悪いなどというわけではない。が、丸山眞男を幅広い読者に、ということを考えると、これがなかなか難しい。

 一昨年は苅部直さんの『丸山眞男』がよく売れたが、それから以後丸山読者が広がったか、と考えるとよく分からない。『思想地図』でも丸山にはしばしば言及されているものの、さあ、どこまでの読者をつなげられるか。

 闇雲に積めばいいという問題ではない。何か仕組みを考えねば。
[PR]

by todoroki-tetsu | 2008-05-05 08:54 | 業界 | Comments(0)

芹沢一也「〈生への配慮〉が枯渇した社会」(『思想地図』)

 『思想地図』読了直後にも少し記しましたが、とにかくこの芹沢さんの論考は凝縮されています。

 衰弱した野宿者が市役所職員や保健師に見守られながら心肺停止に陥った(その翌日に亡くなる)事件、そして光市事件にふれながら芹沢さんはこう述べる。

 「路上で傍観されながら、飢えから死へと廃棄された生。あるいは、矯正可能性への配慮が潰えた司法によって、社会から抹殺されようとしている生。一方は生活を支えるセキュリティの縮小を、他方は治安を維持するセキュリティの上昇を物語る、これらふたつの光景には、生をめぐる権力の現在がはっきりと刻印されている。それは統治の領野としての〈社会的なもの〉が、ラディカルに変容しつつあることを示していよう」(p.322)

 そして、「生活と治安をめぐる統治の系譜」を追わんとし、1874年の恤救規則から現在までを駆け足で振り返っている。細かいところは正直なところよく分からない。が、後藤道夫さんや渡辺治さんといった、比較的言及する人が固定されている(ような気がする)論者への目配りがされているのは面白く感じた。「講座現代日本」派とでもいおうか、「ポリティーク」派とでもいおうか、ともかく彼らの用いる「社会統合」や「企業社会」といった概念はそれなりに説得性のあるものだと思うし、また色んな人が参考にし、また批判していくことで練り上げられていくような気がするので。もちろん、それは彼らに限ったことではないのだが。 

 「いまや〈社会的なもの〉の縮小がただそれだけで、自らを駆って競争にコミットする労働者を生み出せるならば、統治は生への配慮を果てしなく切り詰められる」(p.340-341)

 という指摘が生々しい。

 ここでもまた「社会」という言葉が出てきた。昨日の書き込みではないけれども、最近よくひっかかるような気がするのは偶然だろうか?
[PR]

by todoroki-tetsu | 2008-05-03 00:36 | 業界 | Comments(0)

『思想地図』読了

 かきいれ時の4月だというのに日曜日に休んでしまった(別の日にちゃんと出勤します)。ちょっとこの間いろいろあり、ここでちゃんと本を読まないと気力が持続しそうになかったので、強引に。

 というわけで、「思想地図」を読了しました。着手から24時間以内の読了なので、まあ、一気読みの部類に入るかな、と。とかく盛りだくさんで、これで¥1,575は安い。5月末発売の「ロスジェネ」が¥1,365なのを考えると、無茶苦茶に安い。さすがNHK、というよりも、かなり無理したのではなかろうか。

 値段にこだわるのは、目の前でお客様が買ってくださる現場に僕が身をおいているからということもあるだろう。価格設定は「誰に、どう届けたいと考えているか」が問われるポイントで、このことは雨宮処凛さんが「ゴー宣」について書いたり話したりする時によく言及されることでもある(「ゴー宣が連載されている週刊SPA!は370円で買える」。このことは「ロスジェネ」について記す時、あるいはまた別の機会にちゃんと記します)。だからといって安ければ売れる、というもんでもない。僕の感覚からは、¥1,785であれば売上数はさほど変わらないし、それくらいは取っていい内容だと思う。

 価格設定についてはちゃんと真偽のほどは確かめたいと思う(答えてくれるかどうかは別だけれども)。なぜこんなことを言い出したかというと、どんな読者を想定しているのだろう? というのが気になったのですね。

 僕の不勉強といえばそれまでですが、「コード人事」(p.100)、「エラスムス・プロジェクト」(p。115)、「QOL」(p.300)といった用語には注釈が欲しいし(見落としだったらごめんなさい)、引用文献(参照文献ではない)はやはり該当ページをちゃんと明記して欲しい。明記しているものもあるけれども、特に芹沢さんの論文は気になる(これは内容の評価とはまた別の話。よくまあコンパクトにこれだけまとめたものだ、と改めて芹沢さんのすごさ――直近の二つの事件への言及も含めて――を感じました)。

 もちろんこれは書いた当人の問題ではなく、編集者(編集委員ではない)の問題だと思う。こうしたところがもう少し丁寧であれば、「思想地図」を手がかりにさらに勉強していこうという若い人により親切なのではなかったか、というのが率直な感想。

 内容についてはどれも面白く読みましたが、一番勢いというか熱気を感じるのは共同討議「国家・暴力・ナショナリズム」です。当たり前といえば当たり前のことではありますが、ここで出された論点は幅広く、議論の密度はきわめて濃い。今後この「三題噺」にアプローチしようとする際、誰もが手がかりにしうるし、またしなければならないような、そんな位置づけになるような気がします。

 他にも面白いと思ったところはいくつもあるのですが、それらはまた改めて。
[PR]

by todoroki-tetsu | 2008-04-28 00:23 | 業界 | Comments(0)

『思想地図』を読み始める

 いまさら「論座」2008年5月号を持ち出すのも気がひけるが、雑誌ばやりだそうなのである。

 よく分からない。

 入社したての時、返品の際に書籍/雑誌を混ぜてしまって「そもそも雑誌とは雑誌コードの付いているもので……」などとこっぴどく怒られた、とか。台湾だと定期刊行物=雑誌であって、書籍と税率が違う(いや、免税対象だったかもしれない)、とか。
 
 そんな話はさておき、「雑誌」って名乗ろうとすることがよく分からんのですね。いわゆる「論文集」でいいじゃないか、と思うのです。大昔(?)「ポリティーク」が創刊された時に感じたことなのですが、その感じはどの「雑誌」を見てもなんとなくある。もちろん、そのことと中身への評価はまったく別です(まったくもって不定期だけれども、やはり「ポリティーク」は読み応えはあると思う)。

 きっといわゆる「論壇」的な雰囲気がいかにも雑誌というスタイルにはあるのだろうな、という気がするのですが(モンキービジネスになると「文壇」?)、なんか「同志」が集まってなんかやってる、という感がいい具合に回っていくと面白いんでしょうね。

 断続的だったり、いつの間にか出なくなったり、なんてことがよくある(というよりほとんど?)本屋勤めの身としては分かっているわけで、 随分と気合の入った「創刊の辞」的なものを読むたびに、「いや、そんなに力が入って続くの? 大丈夫?」なんてことを考えたりするのであった。

 というわけで「思想地図」です。まだ読み始めたばっかりですが、共同討議「国家・暴力・ナショナリズム」は読み応えがありますね。それぞれの主張はもちろん面白いのですが、なんといってもこのメンツの中に中島岳志さんが入っているのが議論の幅広さというか奥行きにつながっているように思います。
 
 読み進めながら、思ったことを記していこうと思います。とりあえず、高原基彰さんが早々にご自身のブログで指摘されているところまでは読み進めていきたいですね。

 楽しみです。
[PR]

by todoroki-tetsu | 2008-04-27 01:02 | 業界 | Comments(0)