『思想地図』読了

 かきいれ時の4月だというのに日曜日に休んでしまった(別の日にちゃんと出勤します)。ちょっとこの間いろいろあり、ここでちゃんと本を読まないと気力が持続しそうになかったので、強引に。

 というわけで、「思想地図」を読了しました。着手から24時間以内の読了なので、まあ、一気読みの部類に入るかな、と。とかく盛りだくさんで、これで¥1,575は安い。5月末発売の「ロスジェネ」が¥1,365なのを考えると、無茶苦茶に安い。さすがNHK、というよりも、かなり無理したのではなかろうか。

 値段にこだわるのは、目の前でお客様が買ってくださる現場に僕が身をおいているからということもあるだろう。価格設定は「誰に、どう届けたいと考えているか」が問われるポイントで、このことは雨宮処凛さんが「ゴー宣」について書いたり話したりする時によく言及されることでもある(「ゴー宣が連載されている週刊SPA!は370円で買える」。このことは「ロスジェネ」について記す時、あるいはまた別の機会にちゃんと記します)。だからといって安ければ売れる、というもんでもない。僕の感覚からは、¥1,785であれば売上数はさほど変わらないし、それくらいは取っていい内容だと思う。

 価格設定についてはちゃんと真偽のほどは確かめたいと思う(答えてくれるかどうかは別だけれども)。なぜこんなことを言い出したかというと、どんな読者を想定しているのだろう? というのが気になったのですね。

 僕の不勉強といえばそれまでですが、「コード人事」(p.100)、「エラスムス・プロジェクト」(p。115)、「QOL」(p.300)といった用語には注釈が欲しいし(見落としだったらごめんなさい)、引用文献(参照文献ではない)はやはり該当ページをちゃんと明記して欲しい。明記しているものもあるけれども、特に芹沢さんの論文は気になる(これは内容の評価とはまた別の話。よくまあコンパクトにこれだけまとめたものだ、と改めて芹沢さんのすごさ――直近の二つの事件への言及も含めて――を感じました)。

 もちろんこれは書いた当人の問題ではなく、編集者(編集委員ではない)の問題だと思う。こうしたところがもう少し丁寧であれば、「思想地図」を手がかりにさらに勉強していこうという若い人により親切なのではなかったか、というのが率直な感想。

 内容についてはどれも面白く読みましたが、一番勢いというか熱気を感じるのは共同討議「国家・暴力・ナショナリズム」です。当たり前といえば当たり前のことではありますが、ここで出された論点は幅広く、議論の密度はきわめて濃い。今後この「三題噺」にアプローチしようとする際、誰もが手がかりにしうるし、またしなければならないような、そんな位置づけになるような気がします。

 他にも面白いと思ったところはいくつもあるのですが、それらはまた改めて。
[PR]

# by todoroki-tetsu | 2008-04-28 00:23 | 業界 | Comments(0)

『思想地図』を読み始める

 いまさら「論座」2008年5月号を持ち出すのも気がひけるが、雑誌ばやりだそうなのである。

 よく分からない。

 入社したての時、返品の際に書籍/雑誌を混ぜてしまって「そもそも雑誌とは雑誌コードの付いているもので……」などとこっぴどく怒られた、とか。台湾だと定期刊行物=雑誌であって、書籍と税率が違う(いや、免税対象だったかもしれない)、とか。
 
 そんな話はさておき、「雑誌」って名乗ろうとすることがよく分からんのですね。いわゆる「論文集」でいいじゃないか、と思うのです。大昔(?)「ポリティーク」が創刊された時に感じたことなのですが、その感じはどの「雑誌」を見てもなんとなくある。もちろん、そのことと中身への評価はまったく別です(まったくもって不定期だけれども、やはり「ポリティーク」は読み応えはあると思う)。

 きっといわゆる「論壇」的な雰囲気がいかにも雑誌というスタイルにはあるのだろうな、という気がするのですが(モンキービジネスになると「文壇」?)、なんか「同志」が集まってなんかやってる、という感がいい具合に回っていくと面白いんでしょうね。

 断続的だったり、いつの間にか出なくなったり、なんてことがよくある(というよりほとんど?)本屋勤めの身としては分かっているわけで、 随分と気合の入った「創刊の辞」的なものを読むたびに、「いや、そんなに力が入って続くの? 大丈夫?」なんてことを考えたりするのであった。

 というわけで「思想地図」です。まだ読み始めたばっかりですが、共同討議「国家・暴力・ナショナリズム」は読み応えがありますね。それぞれの主張はもちろん面白いのですが、なんといってもこのメンツの中に中島岳志さんが入っているのが議論の幅広さというか奥行きにつながっているように思います。
 
 読み進めながら、思ったことを記していこうと思います。とりあえず、高原基彰さんが早々にご自身のブログで指摘されているところまでは読み進めていきたいですね。

 楽しみです。
[PR]

# by todoroki-tetsu | 2008-04-27 01:02 | 業界 | Comments(0)

『本を読む本』

 週刊誌ネタ続きで申し訳なし。

 「週刊文春」の宮崎哲弥さんの「仏頂面日記」にて『本を読む本』をはじめて知る。恥ずかしい。

 あんまり勝間和代さんオススメ本フェアに興味がなかったし、仕掛けていたのは文庫売場だったし……なんていうのはただの言い訳。勉強不足を恥じます。

 まだちゃんと読んでいませんが、確かにしっかりして面白そう。

 そういえば、いかに読書の市場をつくっていくかみたいな話の中で、外商系のスタッフが「大学の先生と連携して、大学新入生あたりをターゲットに、いかに本を読むか/調べていくか、みたいな導入教育カリキュラムを組んでいけないか?」といったことを語っていて、興味深く聞いたことがある。何かヒントになるだろうか……。

 
[PR]

# by todoroki-tetsu | 2008-04-26 00:04 | 業界 | Comments(0)

「週刊ダイヤモンド」4/26号:特集「営業力実践トレーニング」

 普段の勉強不足を恥じ、いわゆるビジネス雑誌を最近少し注意するようにしている。別段毎回買うわけではなく、ちょっとしたきっかけなり、スキマ時間で読む程度なのだが。

 普段仕事しているのが店なので、あまり営業といわれるとピンとこないのだが、売上を後一歩伸ばそうと考えるとどっからなりと手をつけねば、という気になってくる。

 読み流したところ、ひっかかるところなど色々あるが、神田昌典さんの「たとえ商品は同じでも、サービスを変えればどんな会社も‘オンリーワン’になれます」(p.35)というのは、当たり前なのだろうけれどもなるほどとは思う。

 じゃあ自分のところでどうするんだい、というのが一番問われるわけで、そこでまた考え込んでしまった。

 例えば、僕は京都の恵文社が大好きなのだけれども、行く度に何かは買ってしまう。東京から行っているのでなんとなく「旅の記念」的なこともあるのだろうが、なんか「恵文社で買いものをした自分ってステキ」(笑)みたいな感覚はある。

 いわゆるセレクトショップなので余計にそういう感覚は強いとは思う。そうやすやすと真似できるものではないけれども、せっかくうちの売場に来てくださったお客様には、なんかこう、プラスアルファの「何か」を提供せねば、と考え続けている。
[PR]

# by todoroki-tetsu | 2008-04-25 01:27 | 運動系 | Comments(0)