<   2010年 03月 ( 5 )   > この月の画像一覧

買切品について考える その三

 その一その二に続く第三弾。今までの計算から、粗利4割の買切品を扱う場合、消化率80%の確保というのがひとつの目安になりそうだとおぼろげながら分かってきました。

 しかし、実際には80%の消化率を確保できないことも十分ありえます。そこでリスクヘッジとして考えられる二つの手段に対して、それぞれどのように利益が変化するのかを見ていきたいと思います。今回はすべて買切品Bのみの試算です。

 くどいようですが、基本条件と、委託品Aだけを扱っていて、返品率が50%の場合の〔例1〕を再掲します。〔例1〕を一応の現状と考えています。

〔基本条件〕
・仕入の元手は¥100,000
・委託品A 販売価格¥1,000 仕入値¥770 
・買切品B 販売価格¥1,000 仕入値¥600 
・返品にかかる諸経費 一冊当たり¥50(これは適当。もっと大きいかもしれない)
・仕入にかかる諸経費は除外する(一応取次さん持ちと考える)
・返品/仕入の諸経費ともに人件費は除外
・返品入帖までのタイムラグは考慮外
・消費税は除外

〔例1:委託品Aを100冊仕入れ、これが50冊売れ、残り50冊を返品した場合〕
¥100,000
-¥770×100(仕入)
+¥1,000×50(売上)
+¥770×50(返品入帖)
-¥50×50(返品諸経費)
=¥109,000

 ¥9,000の黒字。

 
1.仕入条件が変わらぬまま、仕入金額の10%の返品条件が付いた場合 
〔例13 買切品Bを100冊仕入れ、70冊売れ、残部を返品条件と除却で処理した場合〕

¥100,000
-¥600×100(仕入)
+¥1,000×70(売上)
+¥600×10(返品条件分の入帖)
-¥50×10(返品諸経費)
-¥600×20(残部除却)
=¥103,500

 利益は¥3,500。目標とすべき消化率80%が達成できなくても、1割の返品条件があれば消化率70%でもギリ赤字にはならない、というくらいでしょうか。

2.仕入条件が変わらぬまま、残部については本体価の10%の歩安入帖となった場合
〔例14 買切品Bを100冊仕入れ、70冊売れ、残部を10%の歩安入帖で処理した場合〕

¥100,000
-¥600×100(仕入)
+¥1,000×70(売上)
+¥100×30(10%の歩安入帖)
-¥50×30(返品諸経費)
=¥111,500

 利益¥11,500。たった10%の歩安でも返品出来るとデカい。「歩安入帖か……。厳しいなあ」なんて思ったことが少なからずありましたが、除却のことをちゃんと考えれば歩安でも入帖して頂けるならそれに越したことはない。当たり前ですね。

〔例15 買切品Bを100冊仕入れ、60冊売れ、残部を10%の歩安入帖で処理した場合〕
¥100,000
-¥600×100(仕入)
+¥1,000×60(売上)
+¥100×40(10%の歩安入帖)
-¥50×40(返品諸経費)
=¥102,000

 〔例14〕よりだいぶ利益は減っていますが、10%の返品条件だと消化率70%がほぼギリギリで赤字にならないラインだったことを考えれば(〔例13〕参照)、10%の歩安入帖のほうがまだ持ちこたえられます。

 こんどは、もう少し本屋にとってもう少しいい返品条件、本体価格の30%の歩安入帖だった場合を計算してみます。

3.仕入条件が変わらぬまま、残部については本体価の30%の歩安入帖となった場合
〔例16 買切品Bを100冊仕入れ、50冊売れ、残部を30%の歩安入帖で処理した場合〕

¥100,000
-¥600×100(仕入)
+¥1,000×50(売上)
+¥300×50(30%の歩安入帖)
-¥50×50(返品諸経費)
=¥102,500

 30%の歩安入帖であれば、消化率50%でも赤字にはならないな、ということが確認できます。でも〔例1〕を考えれば、委託品Aだけを商いをしていれば消化率50%でも¥9,000の利益が出ます。「うまみ」はないです。

もう少し売れたとしてみましょうか。

〔例17 買切品Bを100冊仕入れ、60冊売れ、残部を30%の歩安入帖で処理した場合〕
¥100,000
-¥600×100(仕入)
+¥1,000×60(売上)
+¥300×40(30%の歩安入帖)
-¥50×40(返品諸経費)
=¥110,000

 黒字¥10,000。〔例1〕の利益¥9,000より売上は50冊→60冊になっているのですから、利益は増えて当たり前ではあります。しかし、委託品Aだけを60冊売った方が当然書店に残る利益は大きい。まあ、このへんはあまりつっこまないことにしましょう。ここでは、消化率を50%から60%にあげないと現状並みの利益は出ませんよ、ということだと解釈しましょう。

 もうお気づきだとは思いますが、粗利40%の商品で「残部については本体価の30%の歩安入帖となった場合」というのは、35ブックスに近い条件です。

 35ブックスについては、例えばこちら。「ポットの日誌

 35ブックスのアイテムについてはこちらが分かりやすそうです。「復刊ドットコム」の特集ページ。でも漏れているものもあるかも?

 消化率を上げよう、と思わせるアイテムがどれだけあるのか、という問題はある。「仕入精度」を考えるのであればやはりここは重要です。今売りたいと思う商品かどうか、そうでなければ条件がどうあれ食指は動かない。だって、そもそも売れないんだから。前年比を使うのはあまり好きではないが、でも前年比増なんてまずないんだから。

――余談ですが、これは単品レベルでの報奨金についても言えます。報奨金がつくなら頑張ろう、と思える商品とそうでない商品がある。それは商品が一般的にいってどうこうというよりも、自店の客層にあっているかどうか、で判断せざるを得ないし、そこを間違えると本当にからきし売れないからです。いくら報奨金をつけてもらったって売れなきゃしょうがない。そうゴリ押しされることはあんまりないけれど、売れないから報奨金でなんとかしようとしているんじゃないかなあ、なんてうがった見方も最近はしたりすることもあります。ありがたいと思う反面、報奨金に回すカネをもっとお客様にあるいは著者に還元してほしいとも思います――

 でも、勿論35ブックスのような試みが大事なのはいうまでもありません。やってみないことには何も変わらないし、分からないから。ひとまずは出版社さん主導でこういう試みだった(である)訳ですが、じゃあ、書店側が主体的に考えて動いていくとしたらどんなやり方があるだろう?

 リスクを取らねば利益は出ない、みたいなことをよく強調されているのはユニクロの柳井さんであったか……、さあ、どんなリスクを想定すべきか。
[PR]

by todoroki-tetsu | 2010-03-30 22:37 | Comments(0)

政党機関紙配布の判決について

 寒空をぼんやりと月を眺めながら帰りついて、夕刊の見出しに驚いた。 

政党機関紙配布:旧社保庁職員に逆転無罪 東京高裁判決

 別段他紙と比較しているわけではないので「毎日」の記述がどうだとかいうのはよく分からない。夕刊現物には「『赤旗』配布逆転無罪」とデカくあり、目を引いた。

 やったな、という思いと、いや当然だ、という思いとがごちゃごちゃになっている。

 (1)非管理職であること、(2)休日であること、(3)公務員であることを告げずに無言で配布した、というのが無罪の理由であるらしい。
 
 (2)休日であること、というのはよく分かる。休日何しようが勝手だろう、というのはよく分かるし、当たり前のことだ。(3)はいまひとつピンとこない。そりゃいちいち公務員ですとは言わないだろうけれど……。公務員としてやっているという疑いを第三者に持たせずに、あくまで私人として行っている分には構わない、というほどの意味だろうか。

 (1)非管理職であること、これが一番分からない。管理職だったらどうしてダメなのだろう?

 ……とまあ、なんとなく書き連ねてみてもどうもすっきりしない。この記事を喜んでいる自分と、喜ぶ資格なんてあるのかよ、という自分と、どうやらそれに反論しようとする三人目の自分とが、どうも喧嘩をしているのだ。

 喜んでいるのは、やはり政治活動は自由にやられるべきであろう、という理由。もちろん、批判の自由も含めてである。自分の思想信条に関わらず、自由は認められるべきだ、というと格好のつけすぎか。

 喜ぶ資格なんてあるのかよ、というのは、じゃあ、お前はこの判決を喜ぶほどに何かをしたり/もしくはしようとしたことは果たしてあったのか? ということだろう。そんなことがなかったのなら喜ぶ資格などないのではないか。結局、時々の強いものについていこうとしているだけか、あるいは他人のふんどしで相撲を取ろうとしているコスい輩なのではないか?

 いや、そうじゃないんだ、という三人目の自分がいるようだ。それは最初に喜んでいた自分とはどうも別人らしい。

 最初の自分は政治活動に好意的であり、二人目の自分は政治活動に否定的とは言えないが、やるならとことんやれ、やらないなら何も言うな、みたいな気分のようだ。どちらも政治活動をある程度各自なりのリアルさで捉えている。しかし、三人目の自分は、政治活動ということそのものがまったくリアルに想像できないという地平から、言葉を発しようとしているようなのだ。
 
 三人目の自分は、沈黙で終わるのか、何かを発することが出来るのか。
 
 ……そんなことを、考えてみた。
[PR]

by todoroki-tetsu | 2010-03-29 22:57 | Comments(0)

買切品について考える その二

 その一に引き続き、下記の基本条件をそのままに、今度は委託品と買切品を両方扱うケースについて考えてみます。

〔基本条件〕
・仕入の元手は¥100,000
・委託品A 販売価格¥1,000 仕入値¥770 
・買切品B 販売価格¥1,000 仕入値¥600 
・返品にかかる諸経費 一冊当たり¥50(これは適当。もっと大きいかもしれない)
・仕入にかかる諸経費は除外する(一応取次さん持ちと考える)
・返品/仕入の諸経費ともに人件費は除外
・返品入帖までのタイムラグは考慮外
・消費税は除外


〔例7 委託品A・買切品Bを各50冊仕入れ、委託品Aが完売し、買切品Bがすべて売れ残った場合〕
¥100,000
-¥770×50(委託品Aの仕入)
-¥600×50(買切品Bの仕入)
+¥1,000×50(売上)
-¥600×50(買切品B残部除却)
=¥51,500

 ¥48,500の赤字。まあ、当たり前ですね。
 
〔例8 委託品A・買切品Bを各50冊仕入れ、買切品Bが完売し、委託品Aがすべて売れ残った場合〕
¥100,000
-¥770×50(委託品Aの仕入)
-¥600×50(買切品Bの仕入)
+¥1,000×50(売上)
+¥770×50(委託品Aの返品入帖)
-¥50×50(返品諸経費)
=¥117,500

〔例7〕同様ちょっと考えにくい事例ですが、一応の基準として考えてみます。ちなみにこの場合の利益¥17,500は、〔例5〕(その一参照)で委託品100冊を仕入れ、80冊を売って20冊を返した場合の利益とほぼ変わりません。

 この上で、委託品Aと買切品Bの比率が変わったらどうなるか、考えてみます。仮に、

・委託品Aを70冊、買切品Bを30冊の合計100冊を仕入れた場合 
 とし、それぞれの売れ行きごとに試算してみます。

〔例9 委託品Aがすべて売れ残り、買切品Bが30冊売れた場合〕
¥100,000
-¥770×70(委託品Aの仕入)
-¥600×30(買切品Bの仕入)
+¥1,000×30(売上)
+¥770×70(委託品Aの返品入帖)
-¥50×70(返品諸経費)
=¥108,500

 今までの試算では売れる数を50冊としましたが、この例ではちょっと少なく30冊と試算してみました。〔例1〕(その一参照)で委託品Aだけを100冊仕入れ、50冊売って残りを返品した場合の利益¥9,000よりやや低い程度と考えれば、「売上」は減っても商品構成を変えることで「利益」を確保することが可能である、という当たり前のことが確認できます。もちろん、仕入精度の向上は不可欠ですが……。ちなみに、この場合の買切品Bの消化率は100%です。

〔例10 買切品Bがすべて売れ残り、委託品Aが50冊売れた場合〕
¥100,000
-¥770×70(委託品Aの仕入)
-¥600×30(買切品Bの仕入)
+¥1,000×50(売上)
+¥770×20(委託品Aの返品入帖)
-¥50×20(返品諸経費)
-¥600×30(買切品B残部除却)
=¥74,500

 ¥25,500の赤字。「売上」は50冊ですが、「利益」を見ると何が何やら。商いをやっている意味がありません。

〔例11 委託品Aが30冊売れて残りを返品、買切品Bが20冊売れて残りを除却した場合〕
¥100,000
-¥770×70(委託品Aの仕入)
-¥600×30(買切品Bの仕入)
+¥1,000×50(売上)
+¥770×40(委託品Aの返品入帖)
-¥50×40(返品諸経費)
-¥600×10(買切品B残部除却)
=¥10,900

 利益¥900、赤字ではないけれど……。利益を出すって難しいですね。ちなみに、この場合の買切品Bの消化率は20/30=66%。

〔例12 委託品Aが25冊売れて残りを返品、買切品Bが25冊売れて残りを除却した場合〕
¥100,000
-¥770×70(委託品Aの仕入)
-¥600×30(買切品Bの仕入)
+¥1,000×50(売上)
+¥770×45(委託品Aの返品入帖)
-¥50×45(返品諸経費)
-¥600×5(買切品B残部除却)
=¥107,500

 ああ、やっとこさ「らしい」利益が出ました。でも、〔例1〕(その一参照)で委託品Aだけを扱い、50冊売れて残りを返品した時に出る利益は¥9,000でした。それを考えるとやっぱり厳しいですね。ちなみのこの場合買切品Bの消化率は25/30なので83%。〔例11〕と比較すると、売上じたいが増えなかったとして、消化率80%をクリアしないことには利益が出ないとはいえそうです。100冊のうちの30冊だからいいや、というわけにはいかない。

 粗利40%の買切品の場合、やっぱり消化率80%あたりがどうも目安になりそうです。
[PR]

by todoroki-tetsu | 2010-03-28 07:55 | Comments(0)

買切品について考える その一

 なんとなく、買切の本のこととかについて考えてみたくなったので計算をはじめてみました。どっかで誰かがやっているんだろうとは思うけれども、自分で手と頭を動かしてみないとという気もしたので。

〔基本条件〕
・仕入の元手は¥100,000
・委託品A 販売価格¥1,000 仕入値¥770 
・買切品B 販売価格¥1,000 仕入値¥600 
・返品にかかる諸経費 一冊当たり¥50(これは適当。もっと大きいかもしれない)
・仕入にかかる諸経費は除外する(一応取次さん持ちと考える)
・返品/仕入の諸経費ともに人件費は除外
・返品入帖までのタイムラグは考慮外
・消費税は除外


〔例1:委託品Aを100冊仕入れ、これが50冊売れ、残り50冊を返品した場合〕
¥100,000
-¥770×100(仕入)
+¥1,000×50(売上)
+¥770×50(返品入帖)
-¥50×50(返品諸経費)
=¥109,000

 となり、¥9,000の黒字。ちょっと返品率が高そうですが、ひとまずこれを現状と考えてみます。

〔例2:買切品Bを100冊仕入れ、これが50冊売れ、残り50冊を除却した場合〕
¥100,000
-¥600×100(仕入)
+¥1,000×50(売上)
-¥600×50(残部除却)
=¥60,000

 となり、¥40,000の赤字。もちろん現実には即除却ということはなく、値引きして販売も行いますし、一応は「資産」ではあるのでしょうけれども、売れないことには仕方ないのでまずはこれを基準にして考えてみたいと思います。

 もっと売れる商品だったとしたら?

〔例3:委託品Aを100冊仕入れ、これが75冊売れ、残り25冊を返品した場合〕
¥100,000
-¥770×100(仕入)
+¥1,000×75(売上)
+¥770×25(返品入帖)
-¥50×25(返品諸経費)
=¥116,000

 黒字は¥16,000。だいぶ儲けが出てきました。

〔例4:買切品Bを100冊仕入れ、これが75冊売れ、残り25冊を除却した場合〕
¥100,000
-¥600×100(仕入)
+¥1,000×75(売上)
-¥600×25(残部除却)
=¥100,000

 利益ゼロ。寝てた方がましです。

 もう少し販売数を増やしてみましょう。

〔例5:委託品Aを100冊仕入れ、これが80冊売れ、残り20冊を返品した場合〕
¥100,000
-¥770×100(仕入)
+¥1,000×80(売上)
+¥770×20(返品入帖)
-¥50×20(返品諸経費)
=¥117,400

 利益は¥17,400。当たり前ですが、着実に利益が増えています。ちょっと楽しいです。

〔例6:買切品Bを100冊仕入れ、これが80冊売れ、残り20冊を除却した場合〕
¥100,000
-¥600×100(仕入)
+¥1,000×80(売上)
-¥600×20(残部除却)
=¥108,000

 利益は¥8,000。ようやくちょっと利益が出ました。でも、これでも委託品Aを50冊売って残りを返品するものと考えた〔例1〕の利益に及びません。


___________________________________

 言わずもがなですが、仕入精度を上げないと買切条件に見合うだけの利益は出ない。では、どの程度の「精度」が必要なのか、と思って計算してみたのでした。
 
 粗利40%の買切商品は、消化率75%では利益が出ない。同80%だったとしても、粗利23%の委託品を50%消化した時の利益に及ばない……。

 今週はほぼ毎日200アイテムを超す新刊が入ってきました。月末・年度末なので比較的多いわけですが、少ない日でもやはり100アイテムくらいは毎日あります。もちろん、全部が全部買切なんてことはすぐにはならないでしょうけれども、この新刊点数でこの仕入精度は厳しいな、という感覚はあります。

 買切だったらもっと粗利がないとやってけないなあ、とか色んな事を考えますが、もう少しあれこれの計算を試みてみようと思います。
[PR]

by todoroki-tetsu | 2010-03-27 16:03 | Comments(0)

山城むつみ『文学のプログラム』読了

 twitter読書、第4弾は山城むつみさんの『文学のプログラム』にチャレンジ。批評には前回の吉本さんで懲りたはずなのだが……。昨年文芸文庫になった際に大澤信亮さんや杉田俊介さんがどこかで言及されていたような気がして、遅ればせながら手にとってみた次第。何せ予備知識も何もありゃしない、巻末の著者近影で「あ、男性だったんだ」(失礼!)と気づいたくらいのお恥ずかしいレベル。

 「書くこと」の難しさは何となく想像できるのだが、「読む」ことはほとんど意識せずにたらたらとやって来たので、随所にちりばめられた「読む」という営みについての指摘は新鮮であった。

 厳しいところにまで自分を追い込むというか、突き詰めていった先にある何かを追い求めるストイックな姿勢、でも希望を見出そうとする点でどこかあたたかな、そんな思いを全編にわたって感じていたように思う。

 実は、次も批評の本に挑戦するつもりでいる。さあ、どうなるか。
[PR]

by todoroki-tetsu | 2010-03-07 21:42 | 批評系 | Comments(0)