<   2009年 08月 ( 1 )   > この月の画像一覧

第1回ARGフォーラムが熱かった!

 昨日は第1回ARGフォーラムに行ってきた。

 申し込んではみたものの、何の予備知識もなく、なんだか面白そうだぞ、という嗅覚だけで参加。自分の嗅覚に間違いなかったのはなんともうれしい。とにかく大変に勉強になった。

 多分ご参加の皆さんがあれこれ書かれるだろうし、twitterでも@arg_forumや#arg_forumで検索したりすると色々と様子が知れる。
 
 僕がもっとも印象に残ったことをふたつ。

 ひとつめ。モノを書く人の生活を成り立たせなければならない、ということが明確になっていたこと。一部意見があるかもしれないが、しかし、大まかに言ってこの点は重要と考えられていたように思う。津田さんのご提言「せめて出版社と著者がフィフティフィフティの関係になれないか」というのは非常に共感した。

 ふたつめ。主催者岡本さんのお話。企画趣旨説明や、司会のあいまのご発言に、現在の出版社の状況に対する厳しくてあたたかいまなざしを感じた。「今の30代、20代はどうなる? そこを真剣に考えなければならない」という言葉、また、「このフォーラムで今後の議論の前提となる出発点を明確にしたい」という言葉に、「心意気」を感じた。

 では、書店員の自分はどう考えればよいのか? 本体価¥1,000の本を売って¥200ちょっと手元に残る、でもおおよそは返品できる、という仕組み。なんとか手元に残るものを増やしたい、というのが正直なところで、やっぱり書店員は長く続けるのが難しい商売でもある。でも、書店の「取り分」を増やそうとすることでだれかの何かを奪ってはいけない。 

 結局、今本を買っていない方に買って頂くか、に専心する、ということにとりあえずはいきつく。「売上はすべてをいやす」という計数関係の本によく書かれているフレーズが思い浮かぶが、さて……。

 普段の仕事をやりつつ、こうした機会でいろんな方のお話を聞き、考える。それしかまずはないかな。

追記
 今回のフォーラムは、無料だが1口千円の「寄付」を募る、というスタイルであった。僕はまず話を聞いてから、と思い、開演前には財布をあけなかった。

 登壇者の皆さんのお話を伺い、これは勉強になるぞ、と思い、帰りがけに千円出そう、と決めた。途中岡本さんの心意気を伺って、もう千円と決めた。都合帰りがけに2千円を「寄付」した。もっと出すべきだったのかもしれない。しかし、少なくとも2千円の価値はあった。

 失礼に聞こえると申し訳ないのだけれども、これはいわば「投げ銭」の感覚である。 「ロスジェネ」第三号の大澤信亮さんの「『ポップ・アート』から『デモ・アート』へ」ともちょっとつながるかもしれない。『七色いんこ』が説く役者と観客の関係も少し頭をよぎる。

 いいものを聞かせよう/見せようとするのは壇上の領分、それがいいものであれば「心付け」を渡すのが観客の心意気、であろうか。

 もっとも、僕もお金を払って見聞きするもの対してはそれ以上に何かをすることはないので、矛盾しているな、とは思うのだけれども。
[PR]

by todoroki-tetsu | 2009-08-18 10:57 | | Comments(2)