<   2009年 01月 ( 9 )   > この月の画像一覧

『森林と人間』をビジネス書として読む

 かつて自分が住んでいたところに程近いこともあって、石城謙吉さんの『森林と人間』を手に取ってみた。苫小牧研究林(旧名苫小牧地方演習林)のお話である。

 自然科学の話は正直さっぱり分からないが、たまにこうした本を読むとまったく未知のことばっかりで実に楽しい。この本については地の縁があるので必要以上の親しみを覚えて一気に読了した。

 中央集権的な時々の施策で荒廃してしまった森を、熱意と信念でよみがえらせていく姿。石城さんの筆致は極めて冷静であるけれども、大変な苦労をされたのだと思う。が、一方で森に適切な手をいれ、スタッフや市民の皆さんと一緒に取り組まれる描写は本当に楽しそうだ。

 こんな節がある。森づくりの方針をしっかりと定め、具体的な手立てを講じていった時のこと。今までスタッフが行っていた間伐(人工林を育てるために不可欠なのだそうです)を、スタッフの力をもっと別のところで発揮してもらいたい、との考えから「立木処分」(スタッフが選定した間伐木をそのまま売却し、業者さんに伐採してもらう方法のことだそうです)で進めたら、

 「この立木処分に対して、苫小牧では細いカラマツを大根よりも安く売っている、という笑い話が聞かれた(中略)。このことは、苫小牧地方演習林の森林施業全体が、天然林の大木を盛大に伐採するのが立派な林業で、貧相な広葉樹林や人工林で収入も上がらぬいじましい択伐や間伐を繰り返しているのはとるに足らぬ林業、という当時の評価の中で進められていたことを示している。それにもかかわらず、職員・作業員が意気軒昂として仕事を続けられていたのは、荒廃した森を自分たちの手で甦らそうとしている誇りがあったからだと思う」(P.105)


 誇りとかやりがいとかいった言葉は時として危険だけれども、こうした誇りは比較的まっとうなものだろう。

 明確な目標、目標の社会的正当性に裏打ちされた現場の力、といったところがポイントだろうか。ビジネス現場でも十分当てはまるというか、学ぶべきところだと思う。
[PR]

by todoroki-tetsu | 2009-01-30 23:59 | 運動系 | Comments(0)

本山美彦×萱野稔人『金融危機の資本論』

いわゆる金融恐慌ものが書店店頭ではにぎやかで、『世界金融危機』はまだ売れ続けているし、ガルブレイスも『大暴落1929』と『バブルの物語』によってはやくも「復権」した感がある。これらと並列していいのかは分からないが、中谷巌さんの『資本主義はなぜ自壊したのか』も一時品切れを起こしてしまった。

 この機会に経済の話とか政策の話とか国家の話とか、そんなところが盛り上がればいいな、と思いつつ、しかしじゃあどうやって生活していくか、ということを考えるとすると節約くらいしかとりあえずは思いつかない。なんかこう、自分自身の身のまわりのことと、大きな話がうまいぐあいに接続されればよい、と思う。どっちが主でどっちが従というんじゃなくて。
 
 学術書も読み物も大変に増えたが、格好の見取り図を示しているのは本山美彦さんと萱野稔人さんの対談『金融危機の資本論』だろう。ある地方銀行に勤めている先輩の話を思い出した。彼が就職したのは確か1996年なのだが、勤めはじめて数年後にお会いした時に「就職してからお金を貸すほうじゃなくて回収ばっかり」と言っていたのを思い出す。部署が違うとかそういうことじゃなくて、銀行本来の仕事が出来ていない、という意味合いだったと思う。

 銀行の役割とは? みたいな話はそれはそれでいろいろあるんだろうけれども、なぜ、今のようになったのか、について本山さんが大変分かりやすく語って下さっていて、そこに萱野さんの国家論というか権力論の知見が組み合わさり、大変に面白い。

 P.147~P.150、「金融は国家から独立したものなのか?」と小見出しのついた対話がある。白眉であろう。「市場」と「国家」について、またそれらをこの間の経済学や人文学はどう捉え(そこなって)きたか、についての真摯な問いかけがある。「論争よ、おこれ」と声を大にして言いたい。そうすれば本が売れる、という商人としての勘定はもちろん、ある。が、同時にそれで様々な問題が議論され、深まっていけばこんないいことはない、とも思う。

 今起こっていることは何なんだろう? という思いに真正面から答えてくれる好著。
[PR]

by todoroki-tetsu | 2009-01-19 22:44 | 業界 | Comments(0)

ベルク@朝日新聞

 昨日1/15の「朝日」、ベルク店長の井野さんが登場されていてびっくりした。

 これまでも「最後の決め手はお客様」、また直近では二回にわたって井野店長のお話をじっくりと拝見することが出来たけれども、全国紙に出た意味は大きいだろう。

 これを機会に『新宿駅最後の小さなお店 ベルク』がさらに売れて欲しいな、という思いはもちろんある。が、それだけではなく、接客に携わる者として、井野店長の姿勢のブレのなさ、言葉だけの「お客様第一」ではなくて、プロとしてお客様と真剣に向き合う姿は本当に勉強になる。

 こういうお店が、商売が、明確な理由もなく続けられなくなってしまうとしたら、やっぱり、何かがおかしい、と思う。

 
[PR]

by todoroki-tetsu | 2009-01-16 23:08 | 運動系 | Comments(0)

山上たつひこ『光る風』

 噂には聞いていた。ちくま文庫に入った時にちゃんと手に入れておけばよかったのだが、気付いた時にはあえなく版切れていた。

 10代末期、『がきデカ』にはまった。漫画で笑うことはもちろんいっぱいあったはずだが、文字どおり腹を抱えて笑ったのはこれが最初だった気がする。

 昔はシリアスな作品を書いていた、とは当時から母親から聞いてはいた(うちの母親はいまだに虫プロが出していた「COM」を全巻大事に取っている)。が、山上たつひこさん=ギャグ、の印象が強烈過ぎ、さかのぼる気になったのはもっとずっと後のことである。で、気づいた時にはもう版切れ、と、まあ、そういう次第であった。

 『光る風』復刊を知ったのも、出てからしばらくしてからであったし、実際に読んだのはつい最近。

 いや、すごい。1970年に「週刊少年マガジン」に連載されていたという。時代は安保一色だったのかどうかは分からないが、しかし、それなりに「政治の季節」ではあったのだろう。サスペンスとしても読めるし、痛烈な社会批判とも読める。なにより、面白くてやめられないのである。連載漫画の「ワクワク」――木村俊介「漫画評論では分からないもの」(「小説トリッパー」2008年秋号)に教わった概念――とはこういうものなんだな、と思う。

 一番びっくりしたのは堀田という存在。色んな人にワクワクして欲しいと思うので、詳細は書かない。サワリだけ。

 「なるほど きみや社会主義者からみれば/おれたちのいう社会的平等も/きみたちのいう社会的平等も/どこに かわりがあるのかと思うだろう/だが――ちがうんだ/理屈としてはそうであっても/ちがう!/きみたちのように“正常”な人間として生まれ/“正常”な環境でそだった人間と/おれたちのように奇形人としてこの世に生まれてきたものとでは/平等ということばの感覚そのものがちがうんだよ」(P.270-271)

 これに続く彼の肉声に僕は衝撃を受ける。オビにある「“明日の日本”を予見した衝撃のポリティカル・フィクション」の惹句は伊達ではなかった。
 
 息長く売っていきたい一冊である。
 
[PR]

by todoroki-tetsu | 2009-01-12 11:23 | 業界 | Comments(0)

西原理恵子『この世でいちばん大事な「カネ」の話』

 「文化系トークラジオLife」にて斎藤哲也さんがすでに推されていて、いやあさすがプロは目が早いなあ、と思いつつ、遅ればせながら読了。西原さんの『この世でいちばん大事な「カネ」の話』

 さすが理論社さん、この道のパイオニアだけあってすごいところをひっぱってくる。何気なく帯に記された刊行予定を見ると、立岩真也さんの名前がある。前にも見かけた気がするので、ずっと進行中なのだろう。じっくりと時間をかけて形にしていってほしいものだ。

 さて、学生時代に『ぼくんち』で衝撃を受けて以来の西原ファン、全部とまではいかずとも『サイバラ茸』シリーズ含め、ある程度読んでいるつもりではいた。けれども、いや、西原さんの「核」というか、吉本隆明さんの芸術言語論的に言えば「精神構造」が凝縮されていて、新鮮に思えた。

 カネの話を中心に据え、働くことについて、また貧困について話は及んでいく。湯浅誠さんのおっしゃる「溜め」の話にも関わってきそうだ。グラミン銀行へのまなざしもあたたかい。

 名作短編、「うつくしいのはら」(『営業ものがたり』所収)を思い出しつつ、目頭が熱くなった。
[PR]

by todoroki-tetsu | 2009-01-07 09:44 | 業界 | Comments(0)

現在の日本の若者の文化や流行について分かる本

 というお問い合わせを受けた。

 達者な日本語だが、韓国の方らしい。学生さん風の男性。旅行なのか留学生なのかはよく分からない。

 さて、こりゃ腕のみせどころだわい、とちょっと息を整え、どんなイメージのものをお求めなのか、伺っていく。アニメ系のものとか、ムック本のようなビジュアルのもの――いわゆるジャパン・コンテンツそのものをお求めではないようだ。じゃあ、ということで売場をかけずりまわって集めたのが下記。→は一応のおすすめコメント。

宇野常寛、『ゼロ年代の想像力
→言及している作品・事象が幅広い。

鈴木謙介、『サブカル・ニッポンの新自由主義』 
→政治というか社会の状況まで射程を拡げるならこれ。

広田照幸編、『若者文化をどう見るか
→テキストとして格好。

毛利嘉孝、『はじめてのDiY
→メインあるいはメジャーではない動きを知るのなら。

日経MJ編、『日経MJトレンド情報源
→データやマーケティングを視野に入れた知識が必要ならこれ。
 
 もっといろんな選択があったのだろうが、真っ先に思い浮かんだのは『ゼロ年代の想像力』と『日経MJトレンド情報源』であった。要するに、批評とマーケが現在を知るには最適ということか? などと的が外れているんだかいないんだかよく分からん感想を勝手に抱く。

 結果お買い上げ頂いたのは『ゼロ年代の想像力』。こうしたきっかけで日本の若い世代の言論が海外に知られるといいな、と妄想する。日本語が亡びるんだかどうだかよく分からないが、商売の観点からいえば、そりゃあ限られた市場じゃ限界があるのは間違いないんであって、日本語で書かれたものを読みたいと思う人を増やすしかないでしょう(帝国主義的?)。どうも日本の今の批評やら社会学は面白いらしいぞ、と知られていくようになれば、もっと違った局面を創り出せるんじゃないだろうか。

 もっとも、そのためには今日本でふつうに読まれているものをダイジェストでもなんでもどんどん翻訳していくことが市場拡大に必須。もうすでにあるのかもしれないが、たとえば、主要新聞の書評などを英・中・ハングル・仏くらいに訳して有料配信するサービスとかはどうだろう? 日本人が外国人に何かを伝える時にも結構有効じゃないかと思うのだ。別段新聞書評じゃなくてよろしい、イメージのひとつとして例に挙げただけ。もちろん、独自に編集しても面白いだろう。

 いや、『フランス ジュネスの反乱』が今の日本で読むに値する のであれば、『ロスジェネ』だって『フリーターズフリー』だってフランスで読むに値するに違いない、と思う、ただそれだけのこと。

 「ただそれだけのこと」でなおかつまっとうに利益が出せれば素晴らしい。
[PR]

by todoroki-tetsu | 2009-01-05 01:00 | Comments(0)

「吉本隆明語る」

 いや、相当に編集に苦労されたのではないかと思う。今日放映されたNHK教育のETV特集、 「吉本隆明語る」のこと。
 
 昨年7月の講演「芸術言語論」を見事に要約しつつ、コメントや解説を加える。1時間半では物足りぬ、というのは贅沢か。

 解説やキャプションもほどよく丁寧であったし、これで吉本さんに興味を持ってくれる人が増えるといいな、と思う。吉本さんの沈黙についてのお話、また、芸術の価値についてのお話なんかは結構普遍的な面白さがあると思うので。

 さ、明日朝一で『言語にとって美とは何か』を多面にしようっと。
[PR]

by todoroki-tetsu | 2009-01-04 23:41 | 批評系 | Comments(0)

「凱風通信」から

 版元さんから頂いたDMをチェックしていたところ、凱風社さんのご案内、「凱風通信」が目にとまる。

 PD叢書なるシリーズがあることを恥ずかしながら初めて知る。今月発売になるのは『嫌戦 坂口安吾アンソロジー』なのだそうだ。これは興味深い。社会科学の言葉も大事だが、文学の言葉も大事、僕のような文学音痴にはもってこいだ。期待したい。

 もうひとつ、気になったところ。「二〇〇八年を振り返って」という小さなコラム。流通について記されている。凱風社さんのところへは「返品了解」を求める書店からのファックスが絶えないそうだが、凱風社さんは委託期限を過ぎた返品もすべて入帖していらっしゃるのだそうだ。となると、どうも取次の体制が絡んでくるようで、このコラムでも「個別事情を無視して取次が一方的に『逆送』するのは、書店にとっても版元にとっても百害あって一利なしだ」と記されている。

 僕は大変に共感したが、ふと、わが身を翻ってみるに、新刊委託はともかくも、注文品を売りきっているかと言えばそんなことはないのであって、さあ取次さんにも何かしらの課題はあるだろうけれども、それを言えるほどの何ものかがなしえているかは心もとない。

 そりゃあいざ交渉事になれば、食うか食われるか、口八丁手八丁で取次さんとも版元さんともやりあってきたつもりだし、これからもやるつもりではあるけれども、なんかこう、じっくりと関係性を築きながら読者・顧客に提案していくようなことが、少しずつでも出来ればとも思う。
  
 まあ、身をもって示していくしかないんですがね。
[PR]

by todoroki-tetsu | 2009-01-02 23:19 | 業界 | Comments(0)

吉本隆明×糸井重里「テレビと落とし穴と未来と。」

 年をまたいでしまうが、どうしても気になるし、分からないところもふくめてすごいや、と思ったので。年末の「ほぼ日」で連載していた、「テレビと落とし穴と未来と。」のこと。

 「05:価値、無価値、反価値」では、糸井さんが出版界の状況について触れておられる。 「フリーターズフリー VOL.2」のアスランとフリターズフリーのみなさんとの座談会「協同労働と書籍流通のオルタナティブのために」、あるいは「ロスジェネ 第2号」での大澤信亮さんのエッセー「ロスジェネ的オルタナティブ市場構想」などが連想され、さあ、さて書店員としてはどう考えればいいのか、と考えさせられる。
 
 仕入正味の問題とか、送料負担の問題とか、返品の問題とか、色々とあるわけで、それらはそれらとして色々考えなければならないのかもしれない。それはそれとして、でも、要するにもっと売っていかなきゃ始まんないんじゃないか、という思いもあって、糸井さんが「新しい価値を生み出さなきゃならないし、そのお客さんを作っておかなきゃならない」とおっしゃっていることに共感もし、また、ずいぶんと難しいことだぞこれは、と思った次第。

 続いて、「06:文化はいいことだ、の落とし穴」 。「ふつうの『タダ』じゃダメなんですよ」という吉本さんの言葉もすごいが、ずしんときたのはここでも糸井さんの言葉。

 「雑誌もテレビも、原材料費を安くして
 どうやって広告を取れるように完成させていくかが
 目標になっているところが
 いまはあると思います。
 それがこの先、どうなっていくかというと、
 それこそ、30人でも
 人を集められる力がちゃんとあるかどうか、
 というようなことが、
 重要になっていくとぼくは思います。」


 企業宣伝の一環としての出版と、それに適合するような形で書店の棚を提供するようなビジネスモデルというのは以前からあったが、最近はとみに増えてきた。それで売上が確保できるなら、という反面、結果どう展開したところで関係者しか買っていかないような本というのも少なくない(もちろん、こうした展開がきっかけで一般に広がっていく本というのもないわけではない)。いきおい広告ビジネスと書店との関係について考えざるをえないので、大変にかみしめた言葉である。

 糸井さんがここでおっしゃっていることで実にリアルなのは、「30人」という数。肩書きや仕事のしがらみなく、本当に30人集められたら、これは相当にすごいことだと思う。サイン会やイベントなんかもやったりするから、こうした数の感覚は自分なりにある程度イメージできる。

 いずれも自分の関心にひきつけすぎているだけなんだろうと思うが、何か手掛かりがこのお二人の言葉のやりとりの中にあるような気がしてならない。

 もっとも少ない文字数で、もっとも多くのことを考えさせられる言葉を発することの出来る稀有のお二人。1/4のNHK教育が楽しみである。
[PR]

by todoroki-tetsu | 2009-01-01 17:00 | 運動系 | Comments(0)