<   2008年 07月 ( 10 )   > この月の画像一覧

崎山政毅・酒井隆史『反グローバリズムと労働―資本の支配を生き抜くために―』

 今日ジュンク堂新宿店さんで開催されたトークセッション、「反グローバリズムと労働―資本の支配を生き抜くために―」に行ってきた。何度かここでも記したことのある、『ディオニュソスの労働』の出版記念なのだそうだ。

 冒頭、崎山さんが『ディオニュソスの労働』を持っている人は? と問うた折に手を挙げた人はどれくらいいたろうか。思いのほか少なかった印象があってびっくりした。

 この本が書かれた背景だとか、当時の時代状況、また、どういう読み方をすべきなのか、など、大変面白いお話を伺うことが出来た。お話を聞きながらパラパラとめくり返してみるとまた新たな発見がある。「労働」と「法」が大事なんだ、と繰り返し強調されていた。

 一番興味深かったのは、崎山さんが原広司さんの『集落の教え100』を引きながら、ネグリを読む際の注意とでもいうようなものを挙げられていたこと。具体的には次の二つである。

[11]大きな構想
 大きな仕掛けは、大きな構想を支える。
 大きな仕掛けは、小さな部分によって支えられる。
 大きな構想が、そのまま現実されれば、退屈な集落となる。(P.29)

 ネグリの話だけだととてつもなく大きく、それだけで終わってしまう。そこに「小さな部分」を補って読んでいくのが大事なんだ、と。
[16]共有するもの
 人間が意識の諸部分を共有するように、諸部分がそれより小さな諸部分を共有するようにして、集落や建築をつくれ。
 この方法が幻想的な世界の基礎である。
 みんなでつくらねばならない。みんなでつくってはならない。(P.38)

 みんなが同じことをやる必要はない。違っているからこそ共鳴が生まれるんだ、と。

 自分でただ『ディオニュソスの労働』と格闘しているだけでは絶対に原広司さんにはたどり着かなかっただろう。早速買ってしまった。また新しい世界を知ることが出来そうで楽しみだ。

 こうした思いを、日常的に自分の棚でお客さまに感じてもらえればよいのだが……。まだまだ工夫を凝らさねば。



 
 
[PR]

by todoroki-tetsu | 2008-07-28 23:41 | 業界 | Comments(0)

吉本隆明の講演「日本経済を考える」を聞く

 『吉本隆明の声と言葉。』特典の第二弾、「日本経済を考える」を聞く。

 「経済学は支配者、もしくは指導者の学である」という話(この部分は『声と言葉。』にも収録されている)から、講演のあった1988年当時の「円高・ドル安」や農業自由化の問題などが語られる。時代背景はもちろん今と違うし、吉本さんの話の各論については、正直、よくわからない。

 が、庶民の立場でどう考えるか、という語り口は面白く感じた。たぶん、字面で読むと反発もしくは違和感を覚えたかもしれない。話で聞くと比較的すんなりと入る。要するに、自分の実感から出発しましょう、ということを言っているんだと思う。こういう姿勢というか立ち位置というか、やはりこの人は詩人というか文学者なんだな、と。

 質疑応答が収録されていて、これがまた非常に面白い。質問者の意図を探りながら、言葉を選んで答えようとするうちに気持ちが乗ってくるのがわかる。

 「五十度の講演」の収録内容がアップされていた。

 「苦難を超える──『ヨブ記』をめぐって」に惹かれる。大澤信亮さんの小説「左翼はなぜ間違っているのか」(「ロスジェネ」所収)を読んで以来旧約聖書が気になっていて、パラパラと気になったところを読み返している最中なので。

 「苦難」とはどういうもので、それにどう対峙(対処?)していくのか、ということ。「今」とひきつけすぎるのは間違っているのかもしれないし、結局のところ自分で考えるしかない。だが、批評家/評論家の言葉は、自分なりの考えを積み重ねていく上での大きな手掛かりになるはずだ、と信じている。
[PR]

by todoroki-tetsu | 2008-07-25 19:55 | 業界 | Comments(0)

八王子の書店での事件

 今日はなんといってもハリーポッターの発売である。いつもよりも早くに売り出すため、昨晩は早く寝た。
 
 今朝、つけっぱなしにしてしまったテレビの音で目が覚める。八王子の書店での事件を知る。

 亡くなられた方の無念を思う。想像力に限界はあるし、また、下手に想像力を働かせることはかえってよくないかもしれない。ただただ、ご冥福をお祈りするほかは今はない。

 容疑者は、おそらく僕と同い年かひとつ違いだ。だからどうというわけではない。が、先の秋葉原の事件の折、容疑者と同じくらいの年のスタッフがいろいろな思いを抱いていたのを思い起こす。

 今月初めにお話を聞いた地下大学東京。大澤信亮さんが「声やメッセージを届けられているだろうか?」と自問するように語っていらしたこと、樫村愛子さんが文化とコミュニケーションの問題を語っていらしたこと、などを思い起こす。

 犯行において、何ゆえ書店という場を選んだのか? そのことは事実の問題としても象徴的な問題としても、よく分からない。もちろん、どんな場所であれ、許されることではない。

 仮に、「両親が仕事の相談に乗ってくれなかった」という話が正しかったとする。だったら! と思う。答えになるかどうかは分からないが、「手がかり」になる本は一杯ある。直接的に働き口を紹介する雑誌もあれば、働き方について考える書籍もある。家族間で何かの問題があったとしたら、家族問題について記した本もある。こうして抱えている(と思われる)問題に直接にアプローチするものもあれば、もちろん一時の憂さを晴らすような娯楽を供する本もある。そしてもちろん、文学もある。それが書店だ。

 刃物をあがなう前に、本を読んでみて欲しかった、というのは暴論かもしれない。そうした場として書店をアピール出来なかった、と考えるのもやや行き過ぎる感じがするし、過度に自分の職業にひきつけるのは危険だとも思う。が、書店員の端くれとしては、悔しさとやるせなさで一杯である。

 一方でずっと考えているのが、自分の職場でどうスタッフの身を守るか、である。身の安全を言えば、女性スタッフを帰してしまうか(もちろん、男性なら大丈夫と思っているわけでもなければ男性なら被害にあっていいと思っているわけでもない)、全員に防犯ベルを持たせるか、棚整理は複数のスタッフが常に近くに居るようにして一人だけ離れないようにするか……。

 今日一日店を閉めてしまいたいとも思う。スタッフの安全を第一に考えれば。

 が、こうした時だからこそ、「手がかり」を求めてこられるお客様もいらっしゃるだろう。

 使い古された言葉を、繰返すことにどんな意味があるのか、分からない。でも、やっぱり、「こんなことは二度とあって欲しくない」。



 
[PR]

by todoroki-tetsu | 2008-07-23 06:26 | Comments(0)

吉本隆明の講演「太宰治」を聞く

 『吉本隆明の声と言葉。』には購入者特典がある。2本の講演を無料でダウンロード出来るのだ。いやあ、太っ腹である。

 というわけで、その一本「太宰治」を聞いてみた。197分(!)もあるんだが、10分前後くらいでファイルが分割されていて、聞きやすい。少しずつ休みながら聞いてみた。

 太宰治を読みたくなってしまった。詳細は実際に聞いてみて欲しいと思うので書かないけれども、「ははあ、そういうところが読みどころなんだな」と思えてすごい。

 文学音痴のせいもあるだろうけれども、いわゆる文芸評論というか文芸批評といったものがよく分からないでいる。が、吉本さんの話を聞いているとぜひ読みたくなってくるのが不思議。

 そうした話の中で、ドキッとさせられた箇所がある。

 
戦争の怖さというものは、マイナスの面をすべて否定することによって、人間の洞察力を健康的で浅く、均一化してしまうこと。不健康なものが許されなくなるのが戦争の怖さ。健康なことばかりがいわれる社会は危険な社会だと考えたほうがよろしい。


 かいつまんで書くとこういうことなんだが、多分実際の声で聞く感じの半分くらいしか伝えられていないと思う。その内容もすごいが、これが吉本さん独特の節回しで語られるのを聞くと、「あ、なるほど!」とポンと思わず手を打ってしまうのである。

 『吉本隆明 五十度の講演』、高価だが、結構売れそうな気がしてきた。


  
 
[PR]

by todoroki-tetsu | 2008-07-21 23:05 | Comments(0)

『吉本隆明の声と言葉。』を読み聞き終える

  『吉本隆明の声と言葉。』を読みつつ聞き終える。

 断片をつなげているだけか? と思っていたらこれが不思議とよく耳に入る。こんなたどたどしい話し方をする人なのか、と思いながらも引き込まれていく。吉本さんへの印象が随分身近になった。博識なのは間違いないし、激しい人なんだろうなとも思うが、基本的には横丁のご隠居な感じだな、と。昔のことは知らない。このCDを聞きながら冒頭の糸井さんとの対談を読むと、そんな印象。

 僕がこのCDBOOKで特にいいな、と思ったのは、2箇所。

 ひとつは、CDのトラック17、1979年講演の「シモーヌ・ヴェーユの意味」から抜粋された一節。この部分は他のトラックに比べておっそろしく迫力がある。僕がヴェイユ好きであるからかもしれないが、ヴェイユのここを抜き出してこう語ったのか! という新鮮な驚き。字面でおっていけばそりゃそうだよな、とも思うのだけれども、これが語られる迫力といったらない。これはぜひ全編を聞いてみたい。

 もうひとつは、冒頭に収められた対談の一部分。P.44-45に、吉本さんが聞かれて答えられなかった問いについて語っている箇所。吉本さんの声を聞いた後でこの部分を読むと、その息遣いまで感じられて、胸に迫るものがある。こういうことを考えている人が少しでも増えれば、世の中少しは違ってくるかもな、と思う。引用はしない。ぜひ実際に読んでいただければと思う。

 それにしても、糸井重里さんのこの編集・構成力。たぶんこんなことを出来る人は後にも先にもこの方だけでしょうね。吉本さんがあとがきに「何だか世界じゅう総崩れみたいに思える現在の情況を重くもなく、軽くもない足どりで歩いている人がここにいるという感じだろうか。」と糸井さんを評しておられる。

 このお二人の関係性が垣間見られる、微笑ましい評と感じた。
[PR]

by todoroki-tetsu | 2008-07-19 22:53 | 業界 | Comments(0)

明日発売、『吉本隆明の声と言葉』

 「ほぼ日」さんから、『吉本隆明の声と言葉』が出る。書店店頭では明日7/18の一斉発売だそうだ。

 糸井重里さんが吉本隆明さんの膨大な量の講演からちょっとずつ抜き出して1枚のCDにまとめたそうだ。講演そのものをしっかりと収録したものは『吉本隆明 五十度の講演』として8月に販売されるという。

 これは、出版界のちょっとした事件である、と思う。「ほぼ日」らしいポップなつくりで吉本さんの商品が出るなんて、今の書店・出版業界ではなかなか予想がつかない事態だと思う。

 好き嫌いが非常に分かれる思想家/批評家であるだろうし、特に若い人にとっては「名前は知っているけれども、読んだことはない」という論客の代表格(?)になってしまっている感もある。
僕自身、ほとんど吉本さんを読んだことはない。この機会に、まずは吉本さんが何を言っているのか、聞いてみたい。今に引き継ぐべき議論/論争/課題を見つけられれば、と思っている。

 僕は不勉強ながら、糸井さんがこれほどまで吉本ファンだとは知らなかった。そういえば、『悪人正機』があったなあ、と思うくらい。どんな商品になっているのかは明日を待つことにしよう。
[PR]

by todoroki-tetsu | 2008-07-17 07:25 | 業界 | Comments(0)

『魂の仕事人』、読了

 ちょっと仕事上のことで思うところあり、働きかた本を物色。入ってきたばかりの『魂の仕事人』が目に留まる。要するに、インタビュー集である。
 
 よくあるキャリア本/転職本かと思いきや、初っ端が伊勢崎賢治さん。なんじゃこりゃ、と思わず買ってしまった。

 こういう本は成功企業の例を紹介した本と同じく、成功した結果を跡付けているだけであって、それはそれとして力のある言葉なのだと思うのだけれども、少しさっぴいて聞かなきゃいかんかな、という気も一方でする。

 だが、伊勢崎さんにはじまり、森達也さんやら雨宮処凛さんやらといっしょに大勝軒の山岸一雄さんや野田義治さんなど個性派ばかりの面々が集い、締めはあの竹熊健太郎さん。よくこんなセレクトをしたものだ、と思う。この強烈さを味わうだけでも価値がある。

 ありがちというか、定番の分野であるだけに、類書でも『働く理由』や『働くということ』といったロングセラーも少なくない。あえてどう差別化するかは難しい。ひょっとするとキャリア本というよりも、ルポとして捉えたほうがいいのかもしれない。この本で初めてお名前を知った人が少なくない。

 高校生なら十分に読める内容だと思う。これから働こうと考える若い人にまずはオススメしてみたい。ひょっとすると、格好の職業教育のテキストなのかもしれない。
[PR]

by todoroki-tetsu | 2008-07-14 00:03 | 運動系 | Comments(2)

道場親信『抵抗の同時代史』読了

 道場親信さんの新刊、『抵抗の同時代史』が入ってきた。あちゃー、なんで事前の情報を見落としていたんだろう。初回入荷がこんな数じゃやばい! あわてて追加した。恥ずかしいったらありゃしない。

 「週刊文春」以外定期的に雑誌を読む習慣がないため、というわけではないが、道場さんはずっと気になっていて、気づいた雑誌は買い求めてはいたけれど、当然見落としているもののほうが多く、こうしてまとまるのはありがたい。

 まず、表紙の写真が素晴らしい。田村順玄さん撮影の「国の仕打ちに怒りの1万人集会in錦帯橋」(2007/12/1)とある。砂川の時代でも安保の時代でも三里塚の時代でもない。まだ1年も経っていない、日本での光景であるということに大きな衝撃を受ける。

 「ポピュリズムの中の『市民』」を、特に興味深く読んだ。この論文の冒頭で道場さんは、「社会運動しに関わる認識の問題点」として、二つを挙げておられる。
 
第一に、近年の社会運動研究においては、奇妙な「段階論」的歴史記述がじわじわ拡がり始めている。ここでいう「段階論」的歴史記述とは、「○○から△△へ」といった語り方で、同時並列的に存在する現実を歴史的発展段階に位置づけ、そうすることで特定の人間の活動を「時代遅れ」のものとして価値剥奪したり、反対に特権化するものをいう(P.204)

  こうした「段階論」がしばしば「想像力の決定的な切り縮めへとつながってしまう」と指摘した上で、
 (問題点の)第二は、運動史や社会史の流れをとらえる歴史意識が陥没してしまっていることである。 先述の「段階論」的記述により、「古い運動」「新しい運動」というカテゴリーが作り出され、具体的な運動を価値づけ、選別するということが起こる。「古い運動」なるものはネガテイブに価値づけられ、具体的経験もそこでなされた議論も一緒くたに捨てられてしまう。かくして、抵抗の経験と記憶はあっさりと「新しい運動」の自己意識のイケニエとなってしまう(P.205)


 まったく時代背景もスタンスも異なるものの、『戦後革命論争史』における上田耕一郎氏を髣髴とさせる問題意識の鋭さと幅広い目配り。

 上田さんは実践家であるからとりあえずおいておくとして、同時代で道場さんのような指摘を受け止めることは重要だと思う。社会諸科学における歴史研究の意義がこうしたところにあるのであって、うまく他の議論とつなげていけないか、と「仕掛け心」(?)がくすぐられる。

 書き下ろしの終章「希望の同時代史のために」の中にこんな一節がある。

 弱く卑怯な人間たちが、どうやって恐怖や管理によることなく連帯性を育てていくことができるか、そのことを「歴史」とりわけ人々の経験の中から汲み出していくこと。人々の「つながり」の力に対するリテラシーを高めていくことが大切であると思う(p.285)


 「弱く卑怯な人間たち」と言い切るところに思わずグッときた。圧巻である。
[PR]

by todoroki-tetsu | 2008-07-11 13:27 | 業界 | Comments(0)

考えたい異見その2

 今日はどうしても仕事の都合がつかず、「ロスジェネ」のイベントにいけなかった。きっと前のイベントの時よりも人数が少ない分、濃く話が聞けるのではと思っていたのだが……。「勤め人の辛いところよ」と寅さんを気取ってみる。

 行けたとしても、小心者の内弁慶なので質問なんてする気はさらさらないのだが、あらためて最近気にかかっていることがある。自己責任と仕事が出来る/出来ないという問題。

 中村うさぎさんが、読売新聞の書評サイトで、知人のニートの就職の世話をしたのに、遅刻やサボりで辞めてしまったことを書いておられる。「『自己責任』主義の私にとって、彼の無責任さは信じ難いものであった」と中村さんは記す。

 そりゃそうだろうな、と思う。事情を全く知らないで想像するのもおかしいことかもしれないけれども、何万歩かくらい譲って考えて、世話してもらった側は、例えば職場で仕事の内容とか人間関係とかがなかなか上手くいかなかったとか、例えばメンタルの面で大変だっただとか、そういったことがあったとしても、少なくとも世話をしてくれた人に対してはちゃんと事情を説明すべきだと思う。それすらも出来なかったのか、しなかったのか、ももちろん分からないけれども。
 
 関連して。6/22の「文化系トークラジオLife」で、編集者の柳瀬博一さんが、「左翼は仕事をできなくなってしまった人間の責任を取れるのか?」と問うておられる。
 
 一方、と言っていいのか分からないのだけれども、萱野稔人さんは、「なぜ私はサヨクなのか」(「ロスジェネ」所収)で、こんなことを記しておられる。

 (前略)左翼は人間の意識とか精神といったものから問題をたてない、ということだ。社会というのは人間の意識を中心とくみたてられているのではない。逆に、人間の意識のあり方もそれによって左右されてしまうような外的な要因によって社会は条件づけられている(p.61)


 (前略)あくまでも左翼は人びとの社会的生活を条件づけるものに介入するだけで、それぞれの人の生き方や実存の問題にはけっして介入しない(p.62)
 

 こうした主張と、中村さんや柳瀬さんの主張とはかみ合わせることが出来るだろうか?

 多分、一般論で語ることは、出来ない。ゆくゆくは出来るのかもしれないが、少なくとも今は。個別の職場なり何なりのケースを蓄積・分析していくしかない、と思う。

 僕の職場でも、色んな立場に色んな難しさ、個別の困難がある。ひょっとすると、自分もその困難を助長しているのかもしれない。

 補助線として。杉田俊介さんが『フリーター論争2.0』の中で、鬱病の人と一緒に働いていた経験を記しておられる。率直に、「へヴィだった」と。その上で、こんな風に続けている。

 
だからその人を不当解雇していい、という意味ではまったくありません。でも、過剰な労働で燃え尽きていく人のリアリティと、生きづらくて働くのも難しい人のリアリティが、すり合わせられない限りは、難しい感じがしますね。(p.102)


 「リアリティ」。批評の立場からはこうした言葉が出た。これに対応するものとしては、例えば湯浅誠さんの「五重の排除」(『若者の労働と生活世界』所収の論文や『反貧困』を参照されたい)、本田由紀さんの「若年労働市場における二重の排除」(『軋む社会』所収)であろうか。

 さらにないだろうか? と思って今、『ルポ“正社員”の若者たち』を読み進めている。



 
[PR]

by todoroki-tetsu | 2008-07-05 22:39 | 業界 | Comments(0)

『新宿駅最後の小さなお店ベルク』入荷&読了

 『新宿駅最後の小さなお店ベルク』、発売より少し早く、無事入荷。仕事を終えた後一気に読了。 迫川さんの写真がふんだんに収められていて何とも贅沢。

 土井英司さんが随分早くから【今、一番売れてほしい本】絶賛されておられたが、一読してその意味がよく分かった。

 こういう本は、完全にノウハウに特化するか、「オレ話」に終始するか、そのどちらかになってしまう公算が高い。が、この本はそのあたりのバランスが絶妙。「ベルク」という個人店、それもとびきり個性的なカフェの話でありながら、そうした経営に到るまでの、そして今なお続く不断の努力がいきいきと描かれているために、個人店を語っているのでありながら、どんな場所・立場にも共通する普遍性が感じ取れるつくりになっている。

 いちいち身につまされながら読んだのは、「不器用なスタッフほど成長していく」という節(p.198-213)。クレーム対応、遅刻するスタッフへの叱り方、シフトの組み方……。20ページにも満たない分量だが、こんなにいきいきとした実例を豊富に取り上げ、実践的だった本があっただろうか?

 接客についてはもちろんここでだけ触れているのではなくて、例えば、こんな記述もある。
 
(前略)現場での臨機応変さは、プロとして当然求められる技ですが、秘訣をあえていえば「横綱相撲」のイメージで接客すること。/「横綱相撲」とは、どんな相手がどんなふうにかかってきても、がっしり受け止めて差し上げること。それには懐の深さといいますか、心身ともに余裕がないと、擦り減ってしまいます。(P.78-79)


 そうか、「横綱相撲」か! こういう言葉は接客技術本からはなかなか出てこない(もちろん、そういう本も大事ではある)。やはり現場に立っている人の言葉の重みは違う。

 さらに、こんな言葉がある。

「例えば四人席を一人客が陣取っているのを見ると、経営者はそのお客様をつい別の席に移動したくなります。(中略)でも、その一人客が帰るまでに団体客が来るとは限りません。経営者は席にしろ何にしろ、店そのものが自分の商売道具という意識が強いので、愛情はあるのでしょうが、思惑と違った使われ方をされるのが許せないのです。相手がお客様であっても、つい手を出したくなる。/しかし、それでは経営者が現場にいても、いることにはなりません。なぜなら、現場とは接客だからです。接客をしないで店をまわす経営者は、むしろ現場を邪魔することになります」(p.71-72)


 「現場とは接客」! この断言のなんと歯切れの良いこと! 自分は経営者ではもちろんないけれども、こうしたことを忘れてはいけないと思う。

 他にもまだまだ勉強になることが盛りだくさん。飲食の方はもちろんのこと、接客・小売に関わる人すべての必読書。さ、売るぞ!
[PR]

by todoroki-tetsu | 2008-07-04 00:11 | 運動系 | Comments(0)