<   2008年 05月 ( 26 )   > この月の画像一覧

『ロスジェネ』をどう味わうか?

 もうさんざあちこちで紹介もされているし、まだまだ勢いはこれからの『ロスジェネ』。編集者松竹さんのブログによると、もう3刷が決定だそうだ。

 ¥1,575でこれでもかと詰め込んだ『思想地図』に比べて、ボリュームは圧倒的に少ないわりに、お値段は¥1,365である。

 だがしかし、カオスと勢いが違うのである。これは優劣の問題では決してない。『思想地図』だって丸山眞男へのふんだんな言及がある一方で『あずまんが大王』のラストを分析した論文(黒瀬洋平さんの「キャラクターが、見ている」)があるなど、相当なカオスであるし、共同討議「国家・暴力・ナショナリズム」や鼎談「日本論とナショナリズム」なども勢いのある議論である。

 が、『ロスジェネ』のカオスと勢いは、何か違うのである。良くも悪くも「泥臭い」のですね。何だか宮本顕治のいうところの「野蛮な情熱」(「敗北の文学」)を連想する――という表現が編集委員の皆さんや寄稿者の皆さんにどう思われるかはわからないだけれど――。

 杉田俊介さんの『無能力批評』について記した折に、「生身のからだの息遣いや匂い」と書いた。それと似たような感覚がある。汗臭さというか泥臭さというか、ためらいやはじらい、怒り、そしてそれらと正面から向きあっていこうとするエネルギーが、カオスと勢いでごちゃまぜになってしまっている。そこが良いのである。いい意味で、整然となんかしちゃいない。

 個別の論考として、10年後もなお生命力を保つだろう、と本屋の感覚としていえるのは杉田俊介さんの「誰に赤木智弘氏をひっぱたけるのか?」(『無能力批評』にも収録)と萱野稔人さんの「なぜ私はサヨクなのか」の二本。特に萱野さんの論考は短いが、左翼とは何か? を考える手がかりとして必須。以前にも記した中島岳志さんの「日本右翼再考」(『思想地図』所収)と対を成す。

 但し、これはそれ以外の部分がダメだとかいう話ではない。比較的独自性が強く、また後々言及されていく可能性が高いテーマと内容、というほどのことである。これはいわば雑誌としての「ロスジェネ」とは別の話。

 で、『ロスジェネ』を「場」として見た場合、「場」の雰囲気を決しているのは、大澤信亮さんの小説「左翼のどこが間違っているのか?」と、増山麗奈さんの見開きの挿絵(p.92-93)であろう。

 大澤さんの小説について何かを触れるのは、怖い。それくらい、すごい。とにかく読んでみてほしい、というだけで精一杯である。
 
 それに、増山さんの挿絵が加わるのである。挿絵というのはもっとこじんまりとしたもので、かつ本文の一場面を切り取ったようなものが一般的だと思うのだが、そんなものは増山画伯には関係がない。本文と密接な関係はあるが、これはもう、独立した作品である。購入してから何度もこの挿絵に見入っている。

 すごい。これを読み飛ばしては雑誌『ロスジェネ』を買った価値は半分しかない。

 まだまだ記してみたいことはあるが、 ひとまずは。
[PR]

by todoroki-tetsu | 2008-05-31 23:44 | 業界 | Comments(0)

水野和夫・島田裕巳『資本主義2.0』

 ウラゲツ☆ブログで見て以来、ずっと気にはなっていたのだ。「1995年に世界は変わった!!」との惹句のある、水野和夫さんと島田裕巳さんの『資本主義2.0』である。

 1995年というのは、とにかくいろんなことが立て続けに起きたな、という年であった。1975年の僕は、学年こそ違えど同じ年に生まれた雨宮処凛さんが表現する「盆と正月とハルマゲドン」という表現にしっくり来る。

 いやあ、同年代だなあ、などとのんびりとした感想を抱いていた。

 大澤真幸さんも以前から、そして近著『不可能性の時代』ではより詳細に、1995年を区切りとして議論を展開しておられる。せいぜいのところ、これくらいしか僕は知らなかった。「我らの時代」みたいにしか考えていなかったので、あんまり幅広くこの1995年という年を捉えようとしていなかった。

 そんなわけで、この本を手に取ってはじめて知ったのだ。水野和夫さんもすでに1995年を画期とする議論を展開されていたということを。

 これはいかん。ちゃんと読まねば。どんな風に他の論者の議論と切り結ぶことが出来るのか、楽しみである。
[PR]

by todoroki-tetsu | 2008-05-31 21:35 | 業界 | Comments(0)

存在感抜群の『軋む社会』

 書き込みが遅くなってしまったが、一昨日に本田由紀さんの『軋む社会』は無事入荷した。

 双風舎さんのブログでも以前記しておられたけれども、表紙がすごく、いい。よくこの写真をセレクトしたな、と編集者のセンスに脱帽。棚で面にすると映える映える。

 まだ読み始めたばっかりだが、期待にたがわず、面白い。

 以前に『思想地図』に寄せられた芹沢一也さんの論文について記した折にも「社会統合」について少しだけ触れたけれども、本田さんが

 「高度経済成長期から一九九〇年代初頭にいたるまで、この三領域(家族―教育―仕事のこと。等々力注)のあいだには、たがいに資源を投入し合う(一見)スムーズな循環関係が成立していました」(P.4)

 と述べておられるのを見て、渡辺治さんや後藤道夫さんが強調されていたいわゆる「社会統合」「企業社会」といった言葉をまた連想した。

 多分ニュアンスはそれぞれに違うのだろうと思うし、それはひょっとすると決定的な違いも含んでいるのかもしれない。
 
 『軋む社会』から、どんな「ライン」が引けるのか、読み進めながら考えていきたい……こうしてまた『ディオニュソスの労働』が遠ざかっていく……。
[PR]

by todoroki-tetsu | 2008-05-28 23:26 | 業界 | Comments(0)

本田由紀『軋む社会』、もうじき入荷

 『フリーター論争2.0』、『無能力批評』、『ロスジェネ』……もう目白押しで大変な5月だが、強烈な一発がもう間もなく。本田由紀さんの『軋む社会』である。

 多分うちの店には、来週の26日か27日には用意できると思う。

 本田由紀さんの単著・編著はガチガチの研究書ばかりで、これはこれで僕は大好きなのだが、目次から想像する限り、今回の新刊はそうした研究の中でつむぎだされた、より直接的なメッセージの集積のようだ。

 以前に本田さんの講演を伺う機会があったのだが、「私は調査の人間です」と明言されていたのに僕はしびれた。今、人文・社会系の議論をひっぱっているのは間違いなく社会学畑の方々だと思うのだが、その中でも社会・生活調査をベースにされる方の活躍がまだまだ少ない気がする。もちろん、人がいないわけではない。けれど、調査という営みはやや地味でもあり、時間もかかるので、アウトプットが出にくいのだろうと想像する。

 本田さんは言うべきこと/言いたいことをズバッとおっしゃる方だ、という印象を講演では受けたけれども、同時に、人並み以上に言葉を吟味しながら話を進められているように思えた。自分の重ねてきた調査の重みを、常に背負っているような気がする。

 だからこそ、その本田さんがどのようなメッセージを発するのか、興味津々である。

 いわゆる若者論に属する本だろうと思うが、「ロスジェネ」って何だろう? と思うやや上の世代辺りがターゲットになるだろうか。

 いずれにせよ、楽しみである。
[PR]

by todoroki-tetsu | 2008-05-24 21:34 | 業界 | Comments(0)

小泉信三展

 もう会期は終了してしまったのだが、小泉信三展、面白かったので少し。

 密度の濃い展示だったと思う。僕は慶應に何のゆかりもないが、福沢諭吉直筆、「小泉信吉君を弔す」(掛け軸)などは、福沢の思いがタチ現れてくるようでいい。

 福田徳三の講義を聴講した際のノートなども面白い。どんな講義だったのかは分からないが、この時代の人はとにかく幅広くみっちりと勉強したのだろうな、などと想像する。

 留学時代のノートに、ウェッブやバーナード・ショーについて記されている。すごい時代にすごい場にいたんだな、と思う。

 印象的だった手紙がある。小泉の岩波茂雄宛て書簡である。教え子ではあるが立場を異にすることとなった、野呂栄太郎に関するものなのだが、野呂が岩波から出す予定の翻訳が遅れていることを心苦しく思った小泉が、岩波茂雄に野呂の前借分の印税を返す旨認めたもの。

 師弟愛というとありきたりなのだろうが、こういうところに互いの交流の密度がしのばれる。

 その後二人がどういう関係であったのか、よく知らない。が、立場の違いはそれとしてあって、その上で交流しあう姿というのは、当たり前だが得がたいものだと思う。

 「雑誌ブーム」(といっても雑誌コードの無い書籍扱いなのだが……、という流通上のツッコミはともかく)で論壇が活気付いているように思える昨今、個人的な好き嫌いやゴシップに躓くことなく、真摯な議論が積み重ねられていくことをあらためて願ったり、した。



 
[PR]

by todoroki-tetsu | 2008-05-23 04:24 | 業界 | Comments(0)

杉田俊介『無能力批評』読了

 読みかけの本をすべてほったらかして、杉田さんの『無能力批評』を一気読みする。

 そうそうさらっと読める本ではなかったし、また、そんな読み方を許さない「何か」がある。

 それは、杉田さん自身が「この少し奇妙bizzareな本」(あとがき)と記しておられるように、構成といい文体といい、決して整然としていない――いやむしろ、混沌とした一冊だから、なのかもしれない。

 反貧困たすけあいネットワーク、青い芝、バートルビー、『ジョジョ』、『寄生獣』、『ナウシカ』、カント、ブランショ、フーコー、スピノザ、デリダ、マルクス、橋川文三、立岩真也、小泉義之、東浩紀、非モテ、田中美津、森岡正博、宇多田ヒカル、あんぱんまん、宮澤賢治……。

 読後、順不同にパッと思いつくだけでもこれだけのキーワードが出てくる。これが混沌でなくてなんであろう。しかし、それが「無能力批評」という目で見ると幾重にも錯綜しながらつながっていくのである(もちろん、まだ一度しか読んでいないので、自信を持っては言い切れないが、そういう手触りは、ある)。

 僕はこの『無能力批評』を、「現代批評界至高の『奇書』」と銘打ってみたい――もっとも、「現代批評界」なんて言葉があるのかは知らないが。

 「奇書」とは「構想がずば抜けておもしろく、他に比べものの無い本」(「新明解」第5版)のことだそうだが、この「奇」に「奇妙bizzare」の「奇」を重ねたい。

 一読して高山宏さんの博覧強記自由闊達ぶりをどこか髣髴とさせるようにも思うが、杉田さんの筆はより重く、生々しい。

 生身のからだの息遣いや匂い――それは望ましいもの、微笑ましいもの、かぐわしいものとしてというよりも、望ましくないもの、忌み嫌われるもの、臭いものとして立ち現れる――から決して離れることなく、そこにこだわり続けることから生まれるであろう「何か」。

 もう少し考えてみたい。

 いや、本屋勤め人としては何かいいPOPのネタが拾えないかという目で(も)読んでいたつもりなのだが、そんなことにかまってられずに没頭してしまった。ああもうどうPOPを書けばいいのだ!? と悩むが、こういう悩みは、嫌いではない。

 
[PR]

by todoroki-tetsu | 2008-05-22 00:16 | 業界 | Comments(0)

杉田俊介『無能力批評』、遂に入荷

 先日触れた杉田俊介さんの新刊、『無能力批評』がついに今日入荷した。

 いやあ、目次を見るだけでワクワクする。

 以下に列挙する。

〔Ⅰ〕
フリーターリブのために
 ――労働・自由・生命――
誰に赤木智弘氏をひっぱたけるのか?
 ――「「丸山眞男をひっぱたきたい 三一歳フリーター。希望は、戦争。」に応答する――

〔Ⅱ〕
ニート/バートルビー
 ――生まれてこなかったことを夢みるイエス――
 Ⅰ ニート
 Ⅱ バートルビー
 0 (わたし)
無能ノート
 Ⅰ 生存――ニーチェ
 Ⅱ 潜勢力――アガンベン
 Ⅲ 邪悪――荒木飛呂彦
 Ⅳ 無能の神学のために
自立と倫理
 Ⅰ 自立生活テーゼA/B
 Ⅱ カントとオートノミー
 Ⅲ カントとともにある『寄生獣』、『寄生獣』によるカント
[無能力批評A]『フリーターズフリー』創刊号に寄せて
 ――労働・アナーキー・ユートピア――
[無能力批評B]ウーマンリブ、遭遇
 ――自己道徳/社会正義/子殺しの倫理――
[無能力批評C]一九七〇年代前半神奈川青い芝と無能力のメルティングポイント
 青い芝の闘争(その三つの空間)
 CIL的なもの・と・青い芝的なもの――あるいは繋ぎ損ねられたもの
 介助的自立・と・コンフリクトへの自立――介助者手足論でも健全者手足論でもなく
 能力主義というフリージングポイント、あるいはその先にあるもの
 盲点と腐朽――『あゆみ』というテクスト

〔Ⅲ〕
ALS・自然死・家族介護
 ――いちヘルパーの小規模な日常から――
 1 剥がされていく、
 2 片隅で、
 3 別の当事者として、
「男性弱者」と内なるモテ幻想
 ――メンズリブノート――
 男らしくない男たち――「男」でもなくマイノリティでもなく
 フェミニズム/メンズリブ/男性学
 非モテとは何か?――三つの非モテ観――
 弱さについて
 性暴力と死の欲動
 再び、メンズリブのほうへ
 最後に
東浩紀『ゲーム的リアリズムの誕生』のクリティカル・ポイント
宇多田ヒカルのパッション

 この多彩さ! 読み進めるのが楽しみでしょうがない。

 税込¥2,310と決して安い値段ではない。が、正確な数は伏せておくけれども、今日の夕方からの数時間で早速売れている。かなりのハイペースである。

 うれしい。本屋の楽しみはここにある。もっと売れるように工夫を考えよう。

 ところで、バートルビー、ウラゲツ☆ブログでもあらためて触れられていた。文学音痴の僕だが、ちょっと気になる。
[PR]

by todoroki-tetsu | 2008-05-21 00:16 | 業界 | Comments(0)

『個人店が生き残るには?(仮) 新宿駅最後の小さなお店ベルク』

 P-vine booksさんの新刊案内コーナーにはもうアップされてるようだ。僕はベルクの店頭で少し前に知った。一時期よりも頻度は落ちたが、それでもかなりのペースで仕事帰りに立ち寄っている。貴重な憩いの場である。

 ブログでの標記とは、メインタイトルとサブタイトルが入れ替わっているのだが、ベルクを知っている人にとっては「新宿駅最後の小さなお店ベルク」がメインのほうがしっくりはくる。が、知らない人に手に取ってもらうとすると……。難しい問題だ。

 商売柄、タイトルについて迷っている、なんていう出版社さんから意見などを求められてしまうこともなくはない。ほんと、タイトルは難しい。

 が、何はともあれベルクである。仮にも小売店に勤めるものとして、オーナーとの関係の難しさは身にしみている。この間のルミネとの攻防は大変だったと思うし、まだ予断は許さぬ状況でもあるのだろう。

 仕事帰りに軽く一杯やるのにこんなにほどよい場所はない。距離感が最高によいのである。僕のような偏屈者は一人で一杯引っ掛けて帰ればよいし、仲間と連れ立って来たい人も、一人でやって来て仲間と語り合う人もOK。要するに、懐が深いのである。

 朝や昼だとまた客層が違うので何ともいえないが、僕のもっともよく行く22:00台はちょっとしたカオス状態(やかましいわけではない)で、それがまた良い。

 「職人」という言葉の良く似合う空間だと思う。別に客にお愛想を言うわけではないし、その意味で余分なサービスは一切ない。淡々と良い仕事を目指している、という感じ。

 どんな本の内容だか、全く分からない。が、きっとビジネスを見直すきっかけを与えてくれる本になっているものと信じている。一ファンとして、しっかり展開してみようと思う。

 
[PR]

by todoroki-tetsu | 2008-05-20 00:02 | 運動系 | Comments(0)

上原専祿「国際政治と教育」

 先日に続き、上原専祿を読み返している。先日と同じ著作集14巻『国民形成の教育』(評論社)から、講演「国際政治と教育」(1961.3.28)を。

 「ことに、日本の今日の社会、日本の政治の中では、何か険しいものは必ず孤立していく傾向、正しいものは必ず抑圧されていくだという考え方の一面が強く、そのもうひとつ先の、可能性の展望、あるいは、何か将来の頼みがいのあるものとしてすでに芽生えているもの、そういったものに目をおおう傾向があるのではないか。現実がきびしく苦しくないというのではない。十分にきびしく、十分に苦しい、そして、それらに追いこまれていくような感じをもつ。しかし、追いこまれているのは私たちではなくて、現在権力の座についている人たちではないのか。つまり、現象と本質は表裏ではないのか、ということなのです。少なくとも、この一面も同時につかむのでなくては、現実認識とはいえないのではないか。そのような認識の仕方が今日大事であるし、子どもが大人になったときでも、やはり大事なのだということなのです。その意味で、夢を十分伸ばし、夢を十分持たせるような教育がほしい」(p.224)

 「追いこまれているのは私たちではなくて、現在権力の座についている人たちではないのか」という一節は、深い。なぜ私たちを追いこもうとしているのか? と考えると、それは私たちが力を持っているからだ、それを恐れているから追いこもうとしているのだ、という結論に至る。

 そうだ、私たちは力をもっているのだ。

 この話の後、国際情勢へと話題を移した後、

「私の国際認識というものは、あまり政治学的・社会学的なものではなく、たいへん文学的だ」(p.231)
 
 とした上で、こう続ける。 

「文学性がないと庶民的大衆の問題意識にならない」(同)

 そうか、文学を基礎にしている論客が多いのはそのせいであったか! などと一人納得する。杉田俊介さん、雨宮処凛さん、大澤信亮さん、浅尾大輔さん……などなど、雑誌「ロスジェネ」に集った皆さんは文学がベースだ。もちろん、文学者だけではないけれど、いわゆる「政治学的・社会学的」なアプローチをする人と伍して、文学を手がかりにしている論客がまとまった数で活躍しているのは間違いない。

 僕はさほど文学を読むほうではない、というよりもほとんど読まない。なので、よく分からない。だが、文学の力というものが、何か、ありそうな気がする。その力は多分、僕の想像以上に、大きい。

 何だかわくわくしてきた。
[PR]

by todoroki-tetsu | 2008-05-19 01:10 | 業界 | Comments(0)

「左翼」と雑誌「ロスジェネ」――「耕論」を読んで

 本日5/18付の「朝日」、9面の「耕論」を読んで考えた。

 ひとつ。『蟹工船』だけでなくて『資本論』もブームが来るんだろうか? 確かに的場昭弘さんの『超訳「資本論」』は好調だ。これを手がかりに……なんて人が増えると本屋としてはありがたい。

 もうひとつ。世代差というのはやはり看過できないな、という気がする。52年生まれの的場昭弘さん、63年生まれの佐藤俊樹さん、75年生まれの雨宮処凛さん。約10年違いというわけだ。特に佐藤さんが懐疑的なのに興味がわく。

 僕はこういう時、20歳の時に何があったのかを考えることでその世代の手がかりを掴むことにしている。

 的場さん20歳の時=1972年=あさま山荘事件(だけではないが)の年。
 
 佐藤さん20歳の時=1983年=ファミコン発売(だけではないが)の年。ちなみに翌年に「新人類」なる言葉が。

 雨宮さん20歳の時=1975年=阪神大震災(だけではないが)の年。

 こうして並べたからどうだというわけでもないが、なんだか世代によっての感じ方の違いというのがありそうな気がする。

 記事の写真というか年表風に記されたところに雑誌「ロスジェネ」刊行の文字が。雨宮さんも寄稿されておられるが、グッと若い世代の論客ばかりである。もう間もなく店頭入荷の予定。こうした世代差をいい意味で乗り越えられるか、それはこれからどれだけの人に読んでもらえるかにかかっていると思う。

 世代をつなぐ試みになれば、と願っている。


 
[PR]

by todoroki-tetsu | 2008-05-18 23:55 | 業界 | Comments(0)