『まんがで読破 資本論』

 快進撃を続けるイースト・プレスさんの「まんがで読破」シリーズ。『資本論』がとうとう出た。

 よくまあこんな風にアレンジしたなあ、というのが第一の感想。すごい着想だと思う。しばしば『資本論』は一番最初が難しく、そこを通り越すと徐々に面白くなってくるなどと言われ、その例として第一巻第八章「労働日」が挙げられたりするけれども、まさにここに焦点を当てた、という感じ。たぶん定義的なものをすっとばして『資本論』について語ろうとするならば、そうしたことになるんだろうと思う。

 『資本論』に至るまでの道筋というのは色々あるんだろうと思う。極めて教科書的(?)にいえば『空想から科学へ』『賃金・価格・利潤』『反デューリング論』といった順なのだろうけれども、実は、『
イギリスにおける労働者階級の状態』が一番なんじゃないだろうか、という気がこれを読んでみて強く感じたこと。

 要するに、『資本論』は、実態を掘り下げていったわけで、理論が先にあったわけではない……と書くとちょっと誤解を招くかもしれないが、でも、必ずしも間違いというわけでもあるまい。スミスまで遡ることを強調していたのは高島善哉であったかと記憶する(『マルクスとヴェーバー』)。それはそれで一つの途だが、複数あるであろう『資本論』へと至る途を、追体験しようという試みが重要なのかもしれない。

 見田石介さんの名著、『資本論の方法』(最初は弘文堂、その後大月書店発行の著作集に収録)の復刊なんて話が出てくると面白いとも思うのだが。
[PR]

by todoroki-tetsu | 2008-12-21 01:26 | 業界 | Comments(0)

<< 吉本隆明×糸井重里 河上肇『貧乏物語』 >>