加藤周一さんを追悼す

 大変失礼かもしれないが、万が一お亡くなりになることがあったら何かやらなきゃいけないな、と何年も前から思っていた。

 しかし、いざ、という時になってみると、POPが書けない。加藤さんから学んだこと、加藤さんがおっしゃっていたことがどれだけ自分の励みになったか、と思うと、言葉にしようにもどうにも寂しさがつきまとい、どうにも言葉が出なかった。それでもかろうじて書くだけは書いたのだけれども。

 高校時代、論文対策の大義名分で何度も読み返した「夕陽妄語」。さっぱり分からないが、とんでもなく博識な人というのはいるものだなあ、と思っていた。ちゃんと読んだのはたぶん学生時代の『羊の歌』が最初。精神の気高さ、とでもいうようなものを感じたのと同時に、さて、自分はどうだろう、と自信を無くした(?)覚えがある。

 強烈に印象に残ったのは、『「戦争と知識人」を読む』。この年1999年、国旗国歌法その他いろいろなことがあった年だったせいもあって、何を手掛かりにして考えればよいのか、そんな思いとあいまって、繰り返し読んだ。

 そこからさらに遡って『日本文学史序説』に進んでさらに衝撃を受ける。もし未読の方は『「日本文学史序説」補講』から入るとよいかもしれない。加藤さんの明晰な問題意識と方法論に圧倒された。

 同時に、いわゆる「左翼」というか、リベラルに属する方だったと思うのだけれども、加藤さんのの日本の古典・伝統に対する造詣の深さは、自分自身の右翼/左翼観の狭さを見事に打ち砕いてくれた。「万葉集」をろくに読まないで日本の伝統を――肯定にせよ否定にせよ――語るような人を信用しなくなったし、もちろん自分も読まなきゃと思って読んだ。加藤さんに出会わなかったら、日本の古典に対するある種のアレルギーを今なお払拭出来ていなかったかもしれない。
 
 他にもいっぱいあるのだが、加藤さんのようなタイプの知識人はもう出ないのだろうか、と思うと、本当にさびしい。うまく言えないのだけれども、加藤周一さんを通じて、僕は日本を好きになれたと思うし、加藤さんと同じ時代の空気を吸えたことを幸福に思う。
 
 ご冥福を心よりお祈りいたします。
[PR]

by todoroki-tetsu | 2008-12-14 00:47 | 批評系 | Comments(0)

<< 石垣りん「定年」 本田由紀さんと書評 >>