雨宮処凛×中西新太郎「生きづらさと1995年」

 『1995年』から、雨宮さんと中西さんの対談について。

 当時フリーターだった雨宮さんの体験談は生々しく、「時代の証言」的な要素が強い。相手が中西さんであることで、個別具体的な経験がより広い文脈が位置づけなおされているように読めた。

 後半に、中島岳志さんと栗田隆子さんが少しだけ参加されている。このあたりはさらにエンジンがフル回転していて面白い。『終わりなき日常を生きろ』について述べている箇所(P.69-74)は、唸る。

 結論的に言ってしまうと、この『1995年』全体が、ひとつの宮台真司さん批判として読めると思う。未着手だが、時期をほぼ同じくして上梓された鈴木謙介さんの『サブカル・ニッポンの新自由主義』とあわせて考えてみたい。
[PR]

by todoroki-tetsu | 2008-10-17 14:21 | 業界 | Comments(0)

<< 中村義一「仕事のはなし」(「週... 中西新太郎「1995年から始ま... >>