杉田俊介『無能力批評』、遂に入荷

 先日触れた杉田俊介さんの新刊、『無能力批評』がついに今日入荷した。

 いやあ、目次を見るだけでワクワクする。

 以下に列挙する。

〔Ⅰ〕
フリーターリブのために
 ――労働・自由・生命――
誰に赤木智弘氏をひっぱたけるのか?
 ――「「丸山眞男をひっぱたきたい 三一歳フリーター。希望は、戦争。」に応答する――

〔Ⅱ〕
ニート/バートルビー
 ――生まれてこなかったことを夢みるイエス――
 Ⅰ ニート
 Ⅱ バートルビー
 0 (わたし)
無能ノート
 Ⅰ 生存――ニーチェ
 Ⅱ 潜勢力――アガンベン
 Ⅲ 邪悪――荒木飛呂彦
 Ⅳ 無能の神学のために
自立と倫理
 Ⅰ 自立生活テーゼA/B
 Ⅱ カントとオートノミー
 Ⅲ カントとともにある『寄生獣』、『寄生獣』によるカント
[無能力批評A]『フリーターズフリー』創刊号に寄せて
 ――労働・アナーキー・ユートピア――
[無能力批評B]ウーマンリブ、遭遇
 ――自己道徳/社会正義/子殺しの倫理――
[無能力批評C]一九七〇年代前半神奈川青い芝と無能力のメルティングポイント
 青い芝の闘争(その三つの空間)
 CIL的なもの・と・青い芝的なもの――あるいは繋ぎ損ねられたもの
 介助的自立・と・コンフリクトへの自立――介助者手足論でも健全者手足論でもなく
 能力主義というフリージングポイント、あるいはその先にあるもの
 盲点と腐朽――『あゆみ』というテクスト

〔Ⅲ〕
ALS・自然死・家族介護
 ――いちヘルパーの小規模な日常から――
 1 剥がされていく、
 2 片隅で、
 3 別の当事者として、
「男性弱者」と内なるモテ幻想
 ――メンズリブノート――
 男らしくない男たち――「男」でもなくマイノリティでもなく
 フェミニズム/メンズリブ/男性学
 非モテとは何か?――三つの非モテ観――
 弱さについて
 性暴力と死の欲動
 再び、メンズリブのほうへ
 最後に
東浩紀『ゲーム的リアリズムの誕生』のクリティカル・ポイント
宇多田ヒカルのパッション

 この多彩さ! 読み進めるのが楽しみでしょうがない。

 税込¥2,310と決して安い値段ではない。が、正確な数は伏せておくけれども、今日の夕方からの数時間で早速売れている。かなりのハイペースである。

 うれしい。本屋の楽しみはここにある。もっと売れるように工夫を考えよう。

 ところで、バートルビー、ウラゲツ☆ブログでもあらためて触れられていた。文学音痴の僕だが、ちょっと気になる。
[PR]

by todoroki-tetsu | 2008-05-21 00:16 | 業界 | Comments(0)

<< 杉田俊介『無能力批評』読了 『個人店が生き残るには?(仮)... >>