プチ資産運用? 『「無税」入門』

 時期はずれに思えるかもしれないが、そうでもない。

 広義の資産運用と考えてよさそうな一冊なのである。

 サブプライムの影響を引きずってか、株本の動きが鈍くなって久しい。FXやアジア株の本はそれなりに動いているが、株本は苦戦を強いられている。

 そんな中、誰でも出来そうかも、と思わせるのが『「無税」入門』である。勤め人でも、ちょっとした手続きで、天引きされた税金を取り戻すことが出来るのだ! 著者は37年間で都合900万円の税金を取り戻している。1年当たり25万弱だが、これってリアルにうれしい金額では?

 そのカラクリは読んでいただくにしくはない。100ページ少々の薄い本だが、刺激的である。国に対する冷静な目、自分の生活をきっちり守ろうとする著者の意図に喝采。

 但し、税金がゼロになることを会社は確実に気づく。自分が今勤めている会社がどういう判断をするかには要注意、とちゃんと記されている(p.25-27)。

 読んだのは昨年秋だが、未だに実行に移そうか悩んでいる。うーん。

 
[PR]

by todoroki-tetsu | 2008-05-16 11:46 | 運動系 | Comments(0)

<< 「現場」あるいは「職場」につい... 『フリーター論争2.0』読了 >>