『本を読む本』

 週刊誌ネタ続きで申し訳なし。

 「週刊文春」の宮崎哲弥さんの「仏頂面日記」にて『本を読む本』をはじめて知る。恥ずかしい。

 あんまり勝間和代さんオススメ本フェアに興味がなかったし、仕掛けていたのは文庫売場だったし……なんていうのはただの言い訳。勉強不足を恥じます。

 まだちゃんと読んでいませんが、確かにしっかりして面白そう。

 そういえば、いかに読書の市場をつくっていくかみたいな話の中で、外商系のスタッフが「大学の先生と連携して、大学新入生あたりをターゲットに、いかに本を読むか/調べていくか、みたいな導入教育カリキュラムを組んでいけないか?」といったことを語っていて、興味深く聞いたことがある。何かヒントになるだろうか……。

 
[PR]

by todoroki-tetsu | 2008-04-26 00:04 | 業界 | Comments(0)

<< 『思想地図』を読み始める 「週刊ダイヤモンド」4/26号... >>