渡辺一夫「エラスミスムについて」その一


 ……異なった人間観や世界観が、生きた人間たちの肉体に宿る時、そして一ぽうを宿した肉体が他ほうを宿した肉体を屈服せしめ、それが屈服せぬ限りはその生命をも脅そうとする時、そして、この対抗を現世の権力が操る時、思想交流交替という人間のみに与えられた高貴な真理究明の協同作業も、戦乱・殺人・拷問・暗殺の形でしか現れざるを得なかった。このみじめな人間的条件への反省と、その浄化解決とを希うことが、福音の一つと信じていたエラスムスは、新旧両派の血みどろな衝突をあくまでも否定し、いずれかの側に助力を与えれば自らの否定する闘争を肯定することになると考えた以上、いずれにも属さずその態度は曖昧であり、Solus esse vouli (私は一人でいたい)と自らも言い、他人からは、Erasmus est homo pro se(エラスムスは加わらずに、一人きりでいる)と半ば揶揄的な評言さえ与えられるのである。



 渡辺一夫の「エラスミスムについて」(ちくま日本文学全集版、P.76)より。ここまでの覚悟が出来るものだろうか、と途方に暮れてしまう。さらに続く。


 そして、夢中になって斬り合いをしている人々を戒め、その行為を中止させるために有効な方法は、側にいて、こうした行動が愚劣であることを語り続け、聞く耳あらば聞けと願い、再び同じ愚挙が再現せぬように叫び続ける以外に何があろうか? 自らも剣を握って戦う二人の間に入れというのか? エラスムスは剣を握ることができないのである。剣は人間を斬り得るからである。



 同書P.77にある。

 
 痛い。痛すぎる。



 
[PR]

by todoroki-tetsu | 2011-03-22 20:45 | 文学系 | Comments(0)

<< 渡辺一夫「エラスミスムについて... 渡辺一夫「ラブレー管見」 >>