就職内定率(続き)

 就職内定率がひどく悪いことに関わって書いたのだが、自分でまとめきれずに後味の悪さが残っている。要するに、立ち位置がはっきりしていない、ということなのだろう。


 別に大上段に政策だの制度だのを述べる準備はない。それは専門家に任せればよい。自分自身も乗っかってきた「新卒重視」の仕組みも相対化すべきなのだろうが、では、自分がどうすればいいのかはよく分からない。新卒採用をやめてアルバイトや契約社員でこれはと思う人を随時採用したらいいんじゃないか、などと自分の会社については思うけれど、制度的な問題だけでなく、実際契約社員で優れているからと言って正社員としてそのまま出来るかどうかという問題はあるように思われて、結局職務と職位の関係をもっと考えなきゃ先に進めないのかな、と思ったりもする。


 しかし、学生の就職活動の長期化、あるいはその苦労や負担の深刻化についてだけは、「何とかしないとだめだ」とは言えるし、言わなければならないと思う。なぜか。学生の本分は勉強であるから。


 古めかしい理由かもしれないが、そうなのだ。勉強の内容はなんでもいい。就職活動に今事実上1年かかっているのだろうから、やはりせめて半年前後に収めるようにしたい。その分専門でも教養でもなんでもいい、勉強して欲しい。真面目に講義に出るばかりが勉強ではないと思うが、そこは問わないでおこう。


 学生であるうちに学生でしか出来ないことをもっと追究してもらうことを基礎として、働いてからもっと面白いことをやってほしい。僕は採用担当者ではないけれども、新しく入ってくる人を迎えるに際しては、それだけの度量を持とうと思う。就職活動の長期化でいい人材が入ってきたとも思えないが、短期化になって「即戦力」じゃない人だらけになっても文句は言わない。じっくり育てましょう。

  
 インターンシップだとかも受け入れを何度もやっているが、これもご時世だと思いながら、頭の片隅で「この時間を読書に費やしてくれればなあ」といつも思う。


 学生が勉強するのは学生自身のためではない。その知識を学校以外の場で活かすために勉強してもらうのである。それが、学費の社会負担を正当化する理屈である。かつて学費負担の軽減を学生自治会で訴えた身としては、ここを譲るわけにはいかない。さらにいえば、学校での勉強は、むしろ、企業に直結しないようなことのほうが、いい。書店勤めは雑学がモノを言う場合があるからよけいにそう思うのかもしれないが、4年程度でこじゃれたマーケティング用語を振り回すような奴よりは、土器を探して穴ばっかり掘ってましたみたいな奴のほうがよっぽどのび代がある。いや、別にカタカナ語を振り回すのが悪いわけじゃない。が、それ以外の世界をどれだけ持っているか、が面白い仕事が出来るかどうかのカギなのだ。


 働いてから身につける知識は山ほどある。だからこそ、そうではない知識を学生時代に身につけることに専心して欲しい。それを可能にする制度や仕組みがどんなものかは分からないが、少なくとも、今よりは学生の負担が少なくなるような制度や仕組みが望ましいと言うことは出来る。


 これを、学生の心理負担を増大させずに(「そんなこと言われたって……」と学生さんは思うだろう。正しい)、なおかつ言いっぱなしではなくするためにはどうするか。一日の大半をすごす「職場」での自分の言動を、問い直すことになるのだろう。
[PR]

by todoroki-tetsu | 2010-11-20 10:01 | 業界 | Comments(0)

<< 『セメント樽の中の手紙』 就職内定率 >>