『忌野清志郎1951-2009』

 確かに忙しかったし、思うところもいろいろあった。でも、このひと月の間、忙しさに逃げて忘れようとしていたことも確かではあった。 

 忌野清志郎さんのことについてはいろんな人がいろんなことを書いたり話したり、思ったりしている。あげるとキリはない。みんな、それぞれの思いが、ある。

 清志郎さんの本の少なくないものが入手困難であったのはあらかじめわかっていた。僕が本屋として決めたこと。「これは」と思うものが出るまで、待とう、と。往時の多摩蘭坂の姿を思い起こしながら、福岡のライブハウスで握手してもらったことを思い出しながら、武道館での完全復活祭でのすばらしいステージのことを思い出しながら。

 なので、ロッキング・オンの渋谷さんが「追悼号を出す」と早々にブログで宣言してくださったのは実に心強かった。まだ連休中のことだ。

 ついに、出た。それが『忌野清志郎1951-2009』 。ワゴンで染め、お気に入りの音源を片っぱしから店頭で流している。ありがたいことに、「バカ売れ」である。

 未見の方もいらっしゃるだろうから、詳しいことは書かない。でも、ページをめくるたびに「気迫」が伝わってくる。ほんとうに、「ライブ」のような本だ。

 重版の予定も具体的になってきた様子、品薄・品切れの店舗・地域でももう少しすればある程度はいきわたると思う。
 
 そんなに好きではなかったけど聞いたことはある、という人であれば、ぜひ一度手に取って頂きたいと思う。最高に「ライブ」な一冊でありながら、今この日本で何かを表現するということ、メシを食うということ、「大人」であるということについて、深く考えさせられる。
[PR]

by todoroki-tetsu | 2009-06-09 22:55 | Comments(3)

Commented by kakaka00714 at 2009-06-09 22:58
訪問です。

良かったら私のブログに来てくださいね!

仲良くしてください。

これから、ちょこちょこ遊びにきます!よろ

しくです<m(__)m>
Commented by 名無し at 2009-06-10 00:17 x
AMAZONとかでも凄い売れ行きですね。一般書物に混じっても
4位とか。この勢いで6月17日発売のラストシングルも大ヒットして欲しいものです。
Commented by todoroki-tetsu at 2009-06-25 22:41
コメントありがとうございます。ずいぶん遅くなってしまいました。2回目の重版はあまり行き渡らなかった模様。昨日あがった重版は結構な量なようで、首都圏の早い書店では今日あたりから順次追加分が入荷していくようです。

<< twitter、はじめました 「オルタ」3・4月号、待望の入荷! >>