「オルタ」3・4月号、待望の入荷!

 きっと待たれていたんだろうな。遅れていた「オルタ」、3・4月号が数日前に入荷した。棚に出したらさっそく売れていく。 そういえば、「週刊文春」以外雑誌を基本的にはあまり読まない僕も、毎回必ず買っているなあ……・。

 杉田俊介さんの「性暴力と失語――村上春樹『風の歌を聴け』ノート」から読み始める。色々と考えさせられる。安易な読後感を記すのは戒めよう。もっと自分の中で寝かせて、じっくり考えたい。

 こういうところに目配りをする編集力というのはどえらいことだな、などと無責任に思う。

 巻末の編集後記を拝見すると、刊行の遅れをものすごく気にされているように思える。確かに、本屋としては、いや、読者としては、遅れるのはやはり気にはなる。けれども、「オルタ」さんの事情も一読者としてもよく承知はしているつもり。

 がんばってください。こちらもがんばって売ります。
[PR]

by todoroki-tetsu | 2009-05-23 23:10 | 業界 | Comments(0)

<< 『忌野清志郎1951-2009』 『どんな時代もサバイバルする会... >>