「大月書店通信」が面白い

 昨日に続き大月書店さんネタ。

 大月さんが年明けくらいからメルマガ配信を始めるというので、登録だけはしておいた。いろんな出版社さんでこういうことはやっていらっしゃるが、経験上、いわゆる大手さんよりも中小出版社さんの方が面白いものが多い気がする。

 とはいえ、まあ、情報は入手するにこしたことはないなあ、くらいの軽い気持ちでいた。が、山本三春さんと雨宮処凛さんとの往復書簡が連載されていて、これがめっぽう面白い。いや、大した分量ではないし、月一回発行ではあるけれども、こうした文章を無料で読むことができるのは実に得難いことだと思う。

 よく出版社さんの無料配布PR誌でいろんな人が書いているのを見かけるが、そうした機会が新人の発掘につながっているのだなぁ、と気が付いたのは雑賀恵子さんの『エコ・ロゴス』を読んだ時であった。こうしたメルマガも十分そんな場になりうるのではないかなあ、とふと思った。

 とにかく、一読の価値あり。単なる新刊・イベント案内ではないものを作るのは大変だと思うけれど、頑張っていただきたい。
[PR]

by todoroki-tetsu | 2009-04-22 23:38 | 業界 | Comments(2)

Commented by 岩下@大月書店 at 2009-04-24 10:15 x
お褒めにあずかり、望外の喜びです! 皆様に楽しんでいただけるものになるよう、今後も改良していきたいと思います。
第1号でご案内した雨宮さんと山本さんの対談は、下記URLでまだ公開しております。メルマガ未登録の方にもお読みいただけますので、ぜひご覧ください。
www.otsukishoten.co.jp/france/talk01.html
Commented by todoroki-tetsu at 2009-04-25 23:44
岩下様

 ご丁寧にありがとうございます。また、対談掲載のご案内、ありがとうございます。実に読み応えのある対談ですね。こうしたところからあらたな本が出てくると素晴らしいなと思います。

 こうしたコンテンツを無料で拝読出来る幸せと、作り手の方々の大変さを思います。まっとうな「対価」が用意できるよう、一介の読者としても、またお客様と本をつなげることを生業とする書店員としても、努力と工夫を重ねていきたいと思います。
  
 益々のご発展を心より祈念しております。

 等々力拝

<< モノは置きよう? 要チェック!『レーニン 最後の模索』 >>