いちむらみさこさん

 2/10(火)「毎日」夕刊9面、「憂楽帳」なる小さなコラムにいちむらみさこさんの名前を見つける。

 「働く女性の全国センター」の総会で、「働くのが怖い。働かないっていうのもあっていいんじゃないか」といちむらさんが発言、これをめぐって賛否両論あったというところから働くことの意味について投げかける。

 記者は山崎友記子さん。本当に短いコラムだが、いちむらさんのラディカルさ――根元的という意味での――と、その意味を非常によく表している。「貧困」と「労働」に関する「毎日」の記事の奥深さはこの間とみに感じられるところではあるが、流石と思う。

 いちむらさんの名前を最初に拝見したのは確か「オルタ 2008年7・8月号」で、比較的最近といえば最近である。それから『Dearキクチさん、 ― ブル-テント村とチョコレ-ト』にたどりついたのだが、『ロスジェネVOL.2』にいちむらさんが寄せられた路上エッセー、「殺す市民、カレーライスでつながり生き返れ!」で僕は衝撃を受けた。暴力をここまで見据えているのか、と。

 その目で、『Dearキクチさん、 ― ブル-テント村とチョコレ-ト』を読み返すと、最初に読んだ時とはまた違った印象を受ける。ごく普通に「読み物」として読めるし、いちむらさんの筆致はあたたかでかつ、毅然としているので読み心地がいい。しかし、それだけではない読み方が色々と出来る、奥深い一冊であると認識した。

 いまのところ単著としてはこの一冊だけの様子。次にどんな言葉を発するのか、期待しながらしっかりと売っていきたい。
[PR]

by todoroki-tetsu | 2009-02-12 10:19 | 批評系 | Comments(2)

Commented by 小川恭平 at 2009-02-15 21:38 x
等々力さま、こんにちは。
「Dearキクチさん、」の版元、キョートット出版の小川恭平です。

私も、みさこさんのロスジュネの原稿にはびっくりしました。
等々力哲さんの言われるとおり、みさこさんは暴力を深く見据えています。

http://kyototto.com/archives/595
(私もブログにロスジュネ原稿の感想を書きました。)

私はみさこさんとつきあいは長いのですが、何度も何度も
みさこさんの発想、それを実践するかんじに、すごいなって思ってきました。
Commented by todoroki-tetsu at 2009-02-19 20:13
小川恭平様

 お返事遅くなり申し訳ございません。ご丁寧にありがとうございます。嬉しいです。

 おっしゃる通り、いちむらさん、発想がすごいのはもちろんですが、本当に実践していらっしゃることのすごさ、重みを感じます。決して人を威圧するようなタイプの迫力ではなく、思わずはっとさせるような何かが、にじみ出ているような気がします。

 この感じをうまく、棚に足を運んで下さるお客様にお伝えしたいな、と思っています。

<< 読みたい本が立て続けに出る 「週刊ダイヤモンド」&「週刊東... >>