「週刊ダイヤモンド」&「週刊東洋経済」(いずれも2009年2/7号)

 次号発売前夜に記すのもなんだが、2/2発売の「週刊ダイヤモンド」&「週刊東洋経済」はじつに面白かった。

 「週刊ダイヤモンド」は「ハケン共存かVS正社員対立か」、「週刊東洋経済」は「雇用壊滅!」といずれもこの間の雇用・貧困問題について特集を組んでいる。

 この号に限らずだが、「週刊ダイヤモンド」は湯浅誠さんや雨宮処凛さん、赤木智弘さんといった論客を集めていて、多彩さで軍配があがる。「ダイヤ」にこうした方々が出る、ということの社会的な意義は決して小さくないと思う。原稿料事情を僕は全く知らないが、こういうメジャーどころで少しでもちゃんと稼いで頂けるといいなあ、などとも考える。まあ、そのためには現場でちゃんとお客様に買って頂けるようにアピールしなきゃいけないのだが。

 かわって「週刊東洋経済」。取材力の強さ、目配りの幅広さと深さを感じる。「ハウジングプア」という表現を前面に出し、母子生活支援施設にまで踏み込んでいるあたりは『フリーターズフリーVOL.2』での極めて高度な到達を髣髴とさせる。また、派遣村での湯浅さんと連合高木会長との対面のクローズアップの仕方など、かゆい所に手が届くというか、実に行き届いていて、読んでいて何度も唸った。

 特集作成チームの筆頭に、『雇用融解』の風間直樹さんのお名前を拝見し、なるほどと得心した。もちろん集団作業の賜物であることは間違いないわけだが、いや、素晴らしい特集だと思う。

 バックナンバーは取り揃えていなくても、すぐ前の号は置いている書店はわりあいにあるので、お見逃しの方はぜひ。
[PR]

by todoroki-tetsu | 2009-02-09 00:23 | 業界 | Comments(3)

Commented by 風間直樹 at 2010-03-07 12:56 x
東洋経済の風間と申します。特集と拙著をご紹介頂き、ありがとうございます。ご指摘いただいた、住まいの貧困問題や派遣切り問題等を盛り込みました新著「融解連鎖」を先日刊行致しました。雇用労働問題と社会保障問題を2本柱としております。御笑覧いただけましたら幸いです。
Commented by todoroki-tetsu at 2010-03-07 21:25
ご丁寧に恐れ入ります。こんな以前の記事までチェックして下さり、恐縮です。日々のことに取り紛れ恥ずかしながら『融解連鎖』未着手ですが、店頭では日々売れるよう手入れをしております。益々のご活躍を心より祈念しております。
Commented by うめ at 2010-06-03 02:01 x
風間さんって、自分の紹介をチェックして全てのブログに宣伝を入れているんですね。

<< いちむらみさこさん 年表の迫力。『戦後日本スタディ... >>