年表の迫力。『戦後日本スタディーズ③』

 今どき講座ものでもあるまいし、という感が率直なところないでもない。全三巻だという。まあ、確かに資料的価値はあるのだろうな、と思いつつ、しかし編者が多すぎてちょっと不安。こうしたことは編者が少ない方がスムーズにいくのではないかな、などといらぬ心配をしてしまう。『戦後日本スタディーズ』である。

 「80・90年代」の第三巻から「70・60年代」「50・40年代」へとさかのぼっていくのだそうだ。こうした戦後史の試みそのものは嫌いではない。『「豊かな社会」日本の構造』を学生時代に紐解いたはしくれとして、やはり戦後日本というものがいったい何なのか、という問いかけなしには現在が見えてこないという認識は、ある。どんな風にさかのぼっていくのか、大変に興味深い。

 「80・90年代」に収められた論考の中で面白かったのは辻井喬さんへのインタビューである(上野千鶴子さんと小森陽一さんによる)。吉本隆明さんもしばしば辻井さんに言及しておられたけれども、やはりこの人は面白い。

 だが、なんといってもすごいのは年表である。巻末にこの20年の年表が収められているのだが、38ページにもわたる大部なもの。「政治・経済」「社会運動」「生活・思想・文化」の三分野に分かれているのだが、この充実ぶりは何物にも代えがたい。これだけで¥2,520円のモトは取れる。

 試みに、自分にもなじみの深い1995年を見てみる。「政治・経済」の欄を眺め、新食糧法施行もこの年であったか、といったことに気付かされるのと同時に、「社会運動」の欄ではただ単に「女性ユニオン東京結成」だけでなく、その前に「全労協系」とちゃんと記している。よほどの目配りがないとこの記述は抜けるだろう。さらにこの欄には「民社党を支援する労組会議、解散宣言」という項目もある。これだけではさあ大したことのない事件のように思われるけれども、前後の政治の文脈を考えれば大変に象徴的な出来事であったろう。考え抜かれている。

 「生活・思想・文化」の欄がこれまたすごい。『賢治の学校』の創刊や蓮實重彦・山内昌之編『文明の衝突か、共存か』に触れ、さらに「imago」臨時増刊、中沢新一責任編集「オウム真理教の深層」まで取り上げる。もちろん加藤典洋『敗戦後論』(初出は95年1月の「群像」)や高橋哲哉『記憶のエチカ』はいわずもがな。実にイメージが膨らむ年表。

 年表作成者をみて納得した。道場親信さんである。「職人技」というと失礼になるだろうか? 「余技」でも「付録」でもない、「プロ」の仕事を見せつけられて実に心地がよい。続刊の年表が待ち遠しい。
 
 
[PR]

by todoroki-tetsu | 2009-02-01 22:01 | 業界 | Comments(0)

<< 「週刊ダイヤモンド」&「週刊東... 『森林と人間』をビジネス書として読む >>