吉本隆明×糸井重里

別段、たかだか本屋の一店員が今年を回顧したところで何のことはないのだけれど、「すげえや」と思ったのは、なんといっても『吉本隆明の声と言葉。』と『吉本隆明 五十度の講演』でありましょう。

 吉本隆明さん自身のすごさというものもあると思うけれども、吉本さんの思索をちゃんと多くの人に届けるような形にし、なおかつそれを商売として成り立たせるというのは並大抵のことではない。糸井さんという人は、すごい。

 吉本さんは80歳を過ぎているし、糸井さんも還暦である。が、お二人とも何ともお若い。「ほぼ日」でもまた吉本さんと糸井さんとのお話がアップされている。お二人とも言っていること、考えていることが実に若々しい。確かにお姿としてみると吉本さんは大分年輪を重ねているわけだけれども、お二人とも実年齢よりは20歳くらい若く感じる。こうした人生の先達がいるということは頼もしい――もっともそうやって年齢を重ねていけるほどの条件が今、危ういのではある。一応は今のところ正社員である自分が言うと怒られるかもしれないが――。

 この秋から冬にかけて吉本さんの単行本が複数出たけれども、やはり糸井さんというか「ほぼ日」さんで作り出し「追い風」が出版を後押ししたことは間違いないし、既刊本も含めやはりよく売れている。いわゆる「吉本読み」ではない人が確実に手に取っていると言える。「吉本市場」(これは間違いなく人文・社会市場のある一定部分を占める)を「ほぼ日」さんが広げてくれた、という感触が現場としては、ある。

 「ほぼ日」さんのおかげで吉本さんの既刊本が売れるようになったことには、ただただ感謝。恩恵を受けた書店と出版社は少なくないのではないか。僕はMP3版で聴いているが、「ほぼ日」さんのやってくださったことに対して、ちゃんとお金が入るようにしなくちゃ仁義に反するな、と個人的には思っている。実際聴いてみると面白いし、費用対効果は抜群に高い。

 「ほぼ日」さんの売り方を見ながら、人文・社会書の売り方というのは、もっともっと考える余地があるような気がしている。それが何なのかは、まだよく分からないのだけれど。
[PR]

by todoroki-tetsu | 2008-12-29 08:19 | 批評系 | Comments(0)

<< 吉本隆明×糸井重里「テレビと落... 『まんがで読破 資本論』 >>